top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

ユーチューバーと女性芸能人の熱愛が発覚する“カネ”以外の理由とは?

アサ芸プラス

 モデルで女優の池田エライザと人気ユーチューバー「水溜りボンド」のカンタが半同棲中だと、7月31日発売の「フライデー」が報じた。同誌によれば、2人は映画の共演がきっかけで交際開始。高級マンションに出入りする2人の姿をキャッチしている。

 6月にはフジテレビの久代萌美アナが「北の打ち師達」のはるくんと婚約していたことが報じられ、グラドルの浜田翔子はカブキンと結婚を発表。ユーチューバーと女性タレントの熱愛を報じられる時代になったわけだが、ユーチューバーがなぜモテるのか。まず言えるのは稼ぎの凄さだろう。

 今年7月の累計チャンネル登録者数ランキング(ユーチュラ)を見ると、水溜りボンドは登録者数435万人で7位。1位ははじめしゃちょーで登録者数876万人となっている。

「チャンネル登録者数のベスト15に入るクラスは年収10億円を超えると言われています。収入のだいたい半分が広告料、半分が“企業案件”だとか。ユーチューバーはそれぞれ視聴者の嗜好や年齢などがはっきりわかっているので、企業としてもピンポイントで広告効果を狙えるのが利点といいます」(エンタメ誌ライター)

 またユーチューバーには、モテるとされる人気タレントや青年実業家、スポーツ選手などとは違う特徴があるようだ。

「自宅での作業も多いことから、金持ちであっても食事はカップ麺や菓子パンなどコンビニで済ませるなど、意外にも生活は質素。また、その生活も昼夜逆転している場合が多く、多忙な女性芸能人などは時間を合わせるのに好都合なのだとか。ただ加えて言えば、ユーチューバーは顔バレもしにくいことでマスコミに対して警戒心もまだ薄く、密会写真などは撮りやすいそうです」(前出・エンタメ誌ライター)

 ともあれ、時代が変わればモテる職業も変わるものだ。

(鈴木十朗)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル