劇団四季『リトルマーメイド』初大阪公演が決定
劇団四季『リトルマーメイド』初大阪公演が決定
日本初演から5年、「愛と希望の海」が大阪についに登場する。 現在名古屋・福岡で上演中の、劇団四季...


日本初演から5年、「愛と希望の海」が大阪についに登場する。

現在名古屋・福岡で上演中の、劇団四季のミュージカル『リトルマーメイド』。2018年10月より、大阪四季劇場でも上演されることが、11月27日に大阪で行われた会見で発表された。

『リトルマーメイド』は、ディズニーの同名アニメ映画をディズニー自らミュージカル化した舞台。アンデルセンの童話『人魚姫』をベースに、人間の王子に恋した人魚・アリエルの、愛と冒険の物語を見せていく。舞台版は、最新のフライング技術などを駆使して海中の世界を巧みに表現したことや、映画版の音楽も担当したアラン・メンケンの楽曲の素晴らしさもあり、世界中で大ヒット。日本でも劇団四季が2013年4月から公演を行っているが、大阪での上演はこれが初となる。


劇団四季 ディズニーミュージカル『リトルマーメイド』より。 ©Disney



大阪・泉大津市出身で、2014年からアリエル役を演じている三平果歩と、アリエルのお目付け役のカニ・セバスチャン役を東京初演から担当している飯野おさみも、会見に登壇。大阪公演に向けて、以下のようにコメントした。

「(アリエルを演じて)3年以上経つ今でも課題がたくさんあり、プレッシャーに押しつぶされそうになった時もあるんですけど、夢に向かって一生懸命に生きるアリエルの姿に自分自身を重ね、励まされ、成長させていただいております。今回は念願の地元・大阪公演ということで、生まれ育った街で魅力あふれる舞台を通して、お客さんに幸せと感動をお届けできるよう、一生懸命稽古をしたいと思います」(三平)


三平果歩 [撮影]吉永美和子



「セバスチャンは(アリエルの父の)トリトン王に仕えるカニで、彼が歌う『アンダー・ザ・シー』は、海の世界の素晴らしさを歌ったとっても楽しい曲です。最高にハッピーな時を、この大阪でもお届けできたらと思っています。現在名古屋と福岡で公演しておりますけど、幅広い世代の方に楽しんでいただける作品だと実感しております。これからも稽古を重ねていって、大阪公演に向けて、もっともっといい作品にしていきたいと思っております」(飯野)


飯野おさみ [撮影]吉永美和子



また三平がアリエル役について「フライングしながらの歌唱では、地面に踏ん張って、地面の力を借りて歌うということができなくて。それプラス、(足の)ヒレをずっと動かし続けなければいけないんです。インナーマッスルを鍛えて、身体の中でしっかり支えを作って歌えるように練習しています。先輩からは“あなたは白いキャンパスでいなさい”と言われました。自分から色を付けるのではなく、周りがアリエルを巻き込んでいく物語だと教えていただいたので、自分は真っ白な状態で、純粋でいることを心がけています」と、役作りの苦労とポイントを語る一幕もあった。



(上)『パート・オブ・ユア・ワールド』を熱唱する三平果歩。(下)軽いステップも交えながら『アンダー・ザ・シー』を歌う飯野おさみ。



最後には劇中ナンバーの中から、三平がアリエルのソロ『パート・オブ・ユア・ワールド』を、飯野が会見中にその魅力を語った『アンダー・ザ・シー』を披露。それぞれ未知の世界に純粋に憧れる心と、カラフルな海の世界の楽しさが歌唱だけでも十分に伝わり、本作の楽曲のクオリティの高さを、改めて印象づけた。チケットの一般発売は2018年6月30日(土)を予定。


『リトルマーメイド』製作発表会より。(左から)三平果歩、飯野おさみ(左から)吉田智誉樹(劇団四季代表取締役社長)、三平果歩(アリエル役)、飯野おさみ(セバスチャン役)、秦雅夫(阪神電気鉄道(株)代表取締役社長) [撮影]吉永美和子



◆公演情報

劇団四季 ディズニーミュージカル『リトルマーメイド』大阪公演

■日程:2018年10月13日(土)開幕
■開場:大阪四季劇場
■初回販売:2018年6月30日(土)
■お問い合わせ:06-4796-6600(劇団四季 関西オフィス)
■公式サイト:https://www.shiki.jp/applause/littlemermaid/

(更新日:2017年11月29日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME