top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

マンUがイタリア代表FW獲得に向け69億円のオファー提示。ヴィオラも売却に前向き?

フットボールチャンネル

マンUがイタリア代表FW獲得に向け69億円のオファー提示。ヴィオラも売却に前向き?

 フィオレンティーナ(愛称:ヴィオラ)に所属する22歳のイタリア代表FWフェデリコ・キエーザを獲得するため、マンチェスター・ユナイテッドがオファーを提示したようだ。4日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、ユナイテッドが5500万ユーロ(約68億7000万円)のオファーを出したという。フィオレンティーナとの契約は2022年6月まで残っているが、クラブの会長を務めるロッコ・コミッソ氏は適切な金額のオファーが届けばキエーザの売却に応じる姿勢を示しており、このまま交渉が進む可能性がある。なお、ユナイテッドの他にユベントスやインテルもキエーザの獲得を検討しているようだ。

 キエーザはフィオレンティーナの下部組織で育ち2016年にトップチームへ昇格。今季は公式戦37試合に出場し11得点9アシストを記録していた。果たして、ユナイテッドはキエーザの獲得に成功するのだろうか。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル