長澤まさみ、高橋一生の大胆“指グイ”シーンに感服「いい意味で遠慮ない」
長澤まさみ、高橋一生の大胆“指グイ”シーンに感服「いい意味で遠慮ない」
 女優の長澤まさみ(30)、俳優の高橋一生(36)が27日、都内で行われた映画『嘘を愛する女』(来年1月20日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。これまで共演作も多く、CMでは夫婦を演じていた2人だが、恋人役は今回が初。この日も、高橋が長澤をエスコートして登壇すると、会場からは黄色い歓声が沸き起こっていた。


 同作は、新たな才能の発掘を目指し2015年に開催された『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM2015』で、応募総数474本の中から初代グランプリを勝ち取った企画を映像化。食品メーカーに勤めるキャリアウーマン・川原由加利(長澤)は、ある日、同せい5年目を迎える恋人・小出桔平(高橋)の素性が全て嘘だったと知る。

 撮影秘話に話題が及ぶと、長澤が「すごく緊張しましたね、何度か共演させていただいてるけど、距離感が近い役だったので誰でも緊張すると思う」と笑顔で振り返り、高橋も「照れちゃったところはありましたね」と白い歯をみせた。

 劇中では、ラブシーンのほか、高橋が長澤の口に指を入れて開かせる、という衝撃シーンも。長澤は「遠慮がないというのが、とても勉強になりました。すごいなと。遠慮があると相手との距離が変わってきちゃうから、いい意味で“ここから来るのかー!”と思いました」と感服した様子で明かすと、高橋は「思い切って口の中に指を入れさせて頂きました」と得意気に語り、笑わせた。

 舞台あいさつにはそのほか、DAIGO(39)、川栄李奈(22)、吉田鋼太郎(58)、中江和仁監督(58)が出席した。
(更新日:2017年11月28日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME