top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

野口五郎50周年イヤーに向けてのプロジェクト企画第1弾!!

UtaTen

エレクトリックギターとクラシックの融合曲「悲愴(ベートーベンソナタ)」で始まりヒット曲の「私鉄沿線」を始めとするナンバーがコンサートを盛り上げ
途中MCでは
この日、1971年5月デビューから、シングル63作品、オリジナルアルバム26作品、ライブ盤、記念アルバム盤、数百曲の中からファンの投票で10曲選び
その10曲をリアレンジ(新録)、歌唱、もちろん演奏する企画のアルバムが2018年2月14日、五郎からのバレンタインプレゼントとして発売されることがステージで発表された。
「このアルバムは、デビューして47年間、僕と歩んできた皆さんの投票で決まるアルバムです、1曲1曲が皆さん想い出ある曲だと思います。僕、野口五郎がこの47年連れ添ってきた曲の数々だからこそできる事そして、自分で自分の曲をカバーできるのはとても嬉しい事です。皆さんも聞き比べてください。曲によってはアナログ時代の曲をデジタル時代の曲に蘇らせることを考えたアルバムです。皆様が投票頂く特別サイトを作りましたので是非投票宜しくお願い致します」

47年間追い続けてたファンの皆様から大きな拍手に包まれ、「僕をまだ愛せるなら」他21曲を歌い上げコンサートの幕はおりた。

27枚目のアルバム(タイトル未定)は2018年2月14日に発売される。

TOPICS

ランキング

ジャンル