top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

認知症を公表・蛭子能収さん 洗濯物を妻と勘違いしたことも

女性自身

認知症を公表・蛭子能収さん 洗濯物を妻と勘違いしたことも

 

蛭子さんのマネージャーがこう証言する。

 

「洗濯カゴの衣類を見て、奥さんが倒れていると思って叫んだり、デパートの売場の中を電車が走っていると言いだしたりと、少し前から幻視があったようです。また、日常生活でも、とくに朝や、夕方から晩にかけては混乱がはげしくなり、1人で入浴すると、髪を3回も4回も洗ってしまうことがあるようで、奥さんの介護が不可欠なときもあります。認知症の進行を遅らせるためにも、今後もできる範囲で仕事をしていきたいと蛭子本人も語っています。また周囲に認知症であることを理解してもらうことで、家族の負担が少しでも軽減できると思い、認知症であることをあえて公表しました」

 

広告の後にも続きます

献身的に支える奥さんに対する感謝の言葉も蛭子流だ。

 

「いろいろやってくれるんですよ、すごくありがたいと思っています。料理も手早くササッとやるし、うまい料理は……食パンですね!」

 

すかさず隣にいたマネージャーが「それはダメです! せめてフレンチトーストにしてください!!」とダメ出しする。ボケているのか、狙っているのか、わからない切り返しは以前と変わらない。認知症であろうがなかろうが、蛭子さんは、蛭子さんだった!

 

「女性自身」2020年8月18日・ 8月25日合併号 掲載

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル