top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

空飛ぶタクシーの時代がついに来た。エアバス社「シティエアバス」がドイツの空で初の公共飛行

カラパイア

ドイツで空飛ぶタクシーが初の公共飛行
ドイツで空飛ぶタクシーが初の公共飛行 image credit:evtolmag/Instagram

 1980年代の人気ハリウッド映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場した“空飛ぶクルマ”の時代は、「未来の2015年」という設定だったが、実際には2015年には実現しなかった。

 しかし、数年前から世界中の航空メーカーが開発バトルを繰り広げていた“空飛ぶタクシー”が、今年いよいよ本格的に飛行開始されることになったようだ。

 このほど、一足先にエアバス社がドイツで初の公共飛行を行い、大成功を収めたことを『UNILAD』などが伝えている。

CityAirbus First Untethered Flight

近未来の飛行タクシー、シティエアバスが公共の場で初飛行


 7月20日、エアバス社が開発した空飛ぶタクシー「シティエアバス(CityAirbus)」が、ドイツのバイエルン州にて初の公共飛行を果たした。

View this post on Instagram

A post shared by eVTOL.com (@evtolmag) on


 実は、去年12月にも一度独立飛行をしているシティエアバスだが、今回はエアバスの施設に駆け付けたバイエルン州大臣や多くのメディア陣らの前での初飛行をお披露目したのだ。

View this post on Instagram

A post shared by eVTOL.com (@evtolmag) on


 空飛ぶタクシーの実現に向けての本格的な計画は、何年にもわたって行われてきた。

 形としては、タクシーというよりも近未来的なヘリコプターと言った方が適しているが、これはエアバス社のヘリコプター部門による開発であることから、特に驚くことではないだろう。

View this post on Instagram

A post shared by eVTOL.com (@evtolmag) on


新時代開拓を目指すエアバス社


 この新しいeVTOL(Electric Vertical Take Off and Landing)、つまり電動垂直離着陸機を意味する飛行タクシー「シティエアバス」は、コックピットなしで4人の乗客を搬送することができる。

View this post on Instagram

A post shared by eVTOL.com (@evtolmag) on


 車両の両側にある各2つの推進装置の他、8つのモーターと同数のプロペラにより、時速約120kmでの飛行が可能だ。

 これは、高速道路を走る平均的な自動車よりもわずかに速い速度ということだが、より直接的なルートを飛行でき、道路の渋滞を回避できることから、明らかに道路を走る車よりも優れている。

 しかし、唯一の欠点は航続距離が約96kmで、15分ほどしか飛行できないことだ。この制限を超えると、最大1時間の再充電を必要とするため、現段階では都市内の短距離移動目的での飛行のみが可能となっており、今回の初期化モデルは遠隔操作となっている。

 ただ、最終的には完全な自律的飛行を目指しており、都市間の移動も可能になれば、飛行タクシーを利用した旅行も夢ではなく、まさに夢の乗り物が現実化することによって新時代の大きな開拓に繋がることをエアバス社は期待している。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル