top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

アゴクイから…多部未華子「わたナギ」、絶好調を牽引する極上“胸キュン演技”!

アサ芸プラス

女優・多部未華子主演のドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の第4話が7月28日に放送され、世帯平均視聴率12.4%を記録した。初回14.2%で好発進した後も視聴率12%以上をキープ、今期ドラマの「台風の目」とも言われている。

 製薬会社のMR(医薬情報担当者)としてバリバリ働く独身女性・メイ(多部)が、おじさん家政夫・ナギサさん(大森南朋)を雇ったことから巻き起こるハートフルコメディ。第4話では、瀬戸康史演じるライバル会社のMR・田所に、メイが隣に住んでいることが発覚。コンビニで偶然会った2人が公園でブランコに乗ったり、おつまみを食べながらお酒を飲んだりするシーンも登場。今後の恋に期待を寄せる視聴者からは、キュンキュンコメントが殺到しました」(テレビ誌記者)

 中でも瀬戸演じる田所がメイ(多部)を“アゴクイ”して見つめ合った末に唇についたマヨネーズを払うシーンには、ハートをズキュンと撃ち抜かれた視聴者から悲鳴にも似たコメントが数多く寄せられている。

「実はこの2人は昨年11月に始まった舞台『ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~』で結婚間近のカップル役を演じ、瀬戸が多部の手にキスするシーンを披露。昨年10月に結婚した多部にとっては、結婚後初のキスシーンとして話題を呼びました。『わたナギ』でも名コンビぶりを発揮してほしいですね」(芸能ライター)

 高視聴率を維持し続けられるかどうかは、胸キュンシーンにかかっている?(窪田史朗)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル