top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

萩本欽一「今だって視聴率100%男と呼ばれたい」

SmartFLASH

 

 1週間のレギュラー番組の視聴率を足すと、100%を超えたという「欽ちゃん」こと萩本欽一。そんな彼が、同じく「視聴率男」土屋敏男氏が監督する映画に出演した。テレビの申し子は、今のテレビをどう見ているのかーー。

 

 日本テレビの土屋敏男プロデューサーが、6年の歳月をかけ欽ちゃんに密着した様子を描くドキュメンタリー映画、それが『We Love Television?』だ。

 

広告の後にも続きます

「映画を撮られているとは知らなかった。完全な騙し討ちで、ポスター撮影の日に知ったほど。撮られてると思ってないから、かなり “素” で語る自分が出てしまっているかな。自分の葬式のときに流してほしいくらい」

 

 映画の冒頭、欽ちゃんは自宅で土屋監督の直撃を受け「また視聴率30%の番組を作りましょう」と提案される。番組作りが開始し、欽ちゃんはお笑いに徹底したこだわりを見せ、奔走する。

 

「ああいう出会いが、テレビを始めるときは大事。土屋さんのことが大好きだし、番組が当たる予感もあった。仕事は、共演者やスタッフを好きになって『コイツに恥をかかせたくない』と思うと、うまくいくんです。自分の欲でやった番組は、たいていコケます」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル