top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

土屋炎伽、クイズ番組「珍回答連発で炎上」で進行中の”キャラ変”計画とは!?

アサ芸プラス

「ミス・ジャパン」初代グランプリとして華々しくデビューした土屋炎伽(27)。その雄姿が拝めたのが、3月30日放送の「ネプリーグ」(フジテレビ)だった。昨今の一流大学出身の「高学歴タレント」を起用して人気のこの番組で、名門大卒の美女軍団の一員として参加したものの珍解答を連発。思わぬ「おバカ」ぶりを発揮したというのだ。女性誌記者が解説する。

「『常識10文字テン・リーグ』というコーナーで“おバカキャラ”が炸裂しました。中でも三角関数の『サイン・コサイン・タンジェント』をメンバーで唯一間違えたシーンでは、すかさず『数学は高校一年で終わっているので…』と言い訳したために、共演者の3時のヒロイン・福田麻紀からも『人間性も怪しい』と言われる始末。この場面ばかりがクローズアップされたために視聴者からバッシングの声が飛び交いました」

 大炎上した火の手はミスコンはおろか母校の明治大学までがターゲットに。最終的に自身のSNSに釈明コメントを投稿する事態にまで発展した。グランプリ獲得時から付きまとう「妹・太鳳の七光り」のイメージを払拭することができなかった。そんな忸怩たる現状を打破するべく、土屋をめぐって、ある“キャラ変”計画が進行していたというのだ─。

 8月4日発売の「週刊アサヒ芸能 8月13・20日合併号」には、芸能界での生き残りをかけた太鳳の姉君の奮闘ほか、芸能美女7人の最新「赤っ恥」事件の真相が詳報されている。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル