top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

インペリアから行く屋根のない要塞ドルチェアックア【イタリア】

ワウネタ海外生活


ジェノヴァを州都とするリグーリア州は、前に海、後ろに山が迫る風光明媚な土地柄です。
その山を抜ければ、その向こうにはピエモンテ州です。

夏のバカンスは、イタリア人はこぞって海に向かいます。
海水浴に飽きたら、車に乗って山に向かえば、次々と見どころたくさんの町が見えてきます。
そのひとつ、ドルチェアックアは屋根の部分が崩落してしまった中世の要塞がシンボルの町。
遠くから見ても、その要塞の威容が目立ちます。

要塞に向かうには、ドルチェアックアの町を歩いて頂上までたどり着く必要があります。
この要塞が建てられたのは、なんと1151年。
1270年に、ジェノヴァの大貴族ドーリア家によって買収されました。
1744年に、オーストリア継承戦争中、スペイン・フランス軍の大砲を受けて、ドルチェアックアの要塞も大きな被害を受けてしまいました。
その後は修復されないまま、現在の形になっています。


直訳すれば「甘い水」となるドルチェアックア、その名前の由来は不明だそうです。
町の下には川が流れていて、中世の橋が架かっています。
どこから見ても絵になる風景なのです。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル