「ヒプノシスマイク」声優・木村昴インタビュー ヒップホップ偏歴やラップへの情熱を語る
「ヒプノシスマイク」声優・木村昴インタビュー ヒップホップ偏歴やラップへの情熱を語る
声優史上初のラップソングプロジェクト『ヒプノシスマイク』より声優・木村昴にインタビューを敢行。ヒップホップへの情熱や本プロジェクトにかける想いを訊いた。

「ヒプノシスマイク」声優・木村昴インタビュー ヒップホップ偏歴やラップへの情熱を語る

声優史上初のラップソングプロジェクト『ヒプノシスマイク』の第二弾CD「ヨコハマ・ディビジョン MAD TRIGGER CREW」が11月15日に発売。男性声優12人が4つのディビジョンに分かれて、ラップソングを歌うという新企画だ。
アニメ!アニメ!は、第一弾CD「イケブクロ・ディビジョン Buster Bros!!!」でボーカルの一人を務める木村昴さんにインタビューを実施。編集部オキモトの身体を張ったラップセッションで、木村さんと分かち合うことに成功した。

>声優・木村昴にインタビューしに行ったら、いつのまにかラップセッションになってた

ということで今回は、同日に行われた真面目なインタビューの様子をお届けする。

■ついに来た、声優のラップ企画!

――この企画を聴いたときのお気持ちを教えてください。

木村昴さん(以下、木村)
最初は耳を疑いました! 僕はたしかにラップが好きだといろいろなところでお話させていただいていますが、まさか声優さんたちと一緒にラップをする機会が来るとは思っていませんでしたから。「ついに来たか!」「待ってました!」という気持ちでしたね。

――声優の中でラップ好きといえば、まず木村さんの顔が思い浮かびました。まさにピッタリの企画ですね。

木村
ありがとうございます、光栄です(笑)。声優さんとラップを語るようなことがあまりなくて寂しかったんです。それがお仕事でやらせてもらえるなんて、めちゃくちゃアガっています。


――ラップ好きの木村さんが考える『ヒプノシスマイク』の魅力とは?

木村
『ヒプノシスマイク』は池袋、横浜、渋谷、新宿と4つのディビジョンに分かれています。ラップの面白いところのひとつに、ラッパー自身の“ルーツ”を探りたくなるというのがあると思うのですが、『ヒプノシスマイク』にはその要素があるなと感じていて。どこの出身なのか、どんなグループを経てきたのか。そういうラッパー自身の人間性が、リリックやフロウには乗るんです。地域の違う4つのチームはカラーも全然違っていて、これから各自の特徴がどんどん出てきます。そのときに、僕が演じる山田一郎が「“池袋の”アイツ」と言われるようになったらワクワクしますね。

――山田一郎が所属する池袋ディビジョンはどんなカラーのチームなんでしょうか?

木村
山田一郎が率いるBuster Bros!!!は、三人兄弟のチームです。その分、他のチームよりメンバー同士の繋がりが強く、まとまっているのが強みかな、と。また、この三兄弟は何でも屋をやっていて、ドラマCDパートではチームを超えて様々な依頼を受けているので、「頼れる池袋」みたいなカラーが出てくるんじゃないかな。


――木村さんが歌うソロ曲「俺が一郎」は、「絶対成り上がってやるぜ!」というハングリー精神が炸裂しており、木村さんの熱量高めなラップされています。レコーディングではどんなことを意識されましたか?

木村
シンプルですけど、「ブッ潰す!」ですかね!(笑) もちろん意気込み的な意味ですよ。やっぱりこう、前に進むイメージでいきたくて、長男として兄弟を引っ張って「絶対止まらない!」「上に行くぜ!」みたいな勢いで歌いました。仲間には「俺について来い!」、周りに対しては「どけ!」って気持ちでしたね。

――作詞は「好良瓶太郎」(こうらりんたろう)とクレジットされていますが、実は木村さんご本人が書かれたそうですね。どんなことを意識されましたか?

木村
分かりやすさを念頭に、ちゃんと音にはまっているラップを書こうと作詞に臨みました。ポエトリーっぽくはならずに、例を挙げるならZeebraさんのラップのように聴きやすく。それから、音だけでは気づかないような言葉遊びをラップに入れてみたくて、2バース目にはアニメのネタをちょこちょこ入れています。一度聴いただけでリリックが全部分からないのもラップの面白さなので、気づいてもらえると嬉しいです。

――ちなみに、好良瓶太郎というペンネームを考えたのは関智一さんだとか。
(関連記事>男性声優×ラップ「ヒプノシスマイク」謎の作詞家“好良瓶太郎”の正体は? 関智一が明かす)

木村
ええ、僕の師匠でもある関さんに名付けをお願いしたら、50個くらい候補を考えてきてくださったんです。その中で一番マシだった名前がこれなんですが(笑)、なんかすごくしっくりきちゃって! プロデューサーさん方も「瓶さん!」みたいに呼んでくれるので、すっかり気分よく馴染んでいます!

■日本語ラップにある「遠回りの美学」とは

――そもそも木村さんがラップを好きになった経緯をうかがえますか?

木村
両親がともに音楽家で、二人と一緒に僕も7歳まではドイツで暮らしていました。1997年に日本に戻ることになり、そのとき母親が「日本にきた年、世界で流れていた音楽を覚えておくといいだろう」という意味を込めて、1997年の世界のヒットソングを集めたCDをプレゼントしてくれたんです。アルバムの中にはEMINEMやBackstreet Boysといった、クラシック一家だった僕にとっては「今まで聴いたことのない音楽」が溢れていて、率直に「ヤベエ!」とショックを受けました。それからどんどんヒップホップにのめり込み、レコードのコレクションを続けている感じです。


――ということは、最初に衝撃を受けたのは英語圏のラップだったんですね。転じて、日本語ラップにはどんな魅力があると思いますか?

木村
たとえば人に「好きだ」と伝える場合、英語だったら「I like you」か「I love you」くらいですが、日本語にはものすごいパターンがありますよね。平安時代の和歌や恋文の頃からあるような、どれだけ遠まわしに伝えられるかの美学が、日本語にはあると思うんです。それはラップにも通じるところがあって、表に出たワードと根っこにある本当の意味の違いにカッコ良さ、おしゃれさがあります。名前を出すと、チプルソという日本人ラッパーのリリックはまるで詩人のような言い回しで、ああいうのは日本語ラップならではなのかなと思います。
――特に影響を受けた日本人ラッパーはいますか?

木村
影響を受けたというより単純に好きなグループという答えになりますが、学生の頃によく聴いていたのはKICK THE CAN CREWやケツメイシ、RIP SLYME、SOUL'd OUT。そこから探究心のままに応用編に入ると、キングギドラ(現在はKGDR)のような、いわゆる親とは一緒に聞けない系ラップにハマっていきました(笑)。あとは、ベタですけどKREVAさんはシンプルに「超カッケー!」です! 最近、KICK THE CAN CREWがグループ活動を再始動してアルバムを発売したんですけど、このムーブメントには周りのラッパーに対するいろんなメッセージも感じ取れて、かなりシビれました!


――ハッキリと言葉にはしないけれど、ポリシーがぶつかり合っているイメージがラップにはありますね。
木村
ポリシーがあるからこそ、共感できるラッパーも人それぞれ違いますし、さっき話したように出身地やルーツにも通じてくるんです。『ヒプノシスマイク』も、いまは4つのチームだけですが、いずれは川崎ディビジョンとか山梨ディビジョンとか出てきてほしいですね! どんどん広がってジャーマンラッパーやフレンチラッパーまで出てくるような、ヒップホップカルチャーが世界的にも流行しているいまだからできる展開を見せていきたいです。
――では最後に、あらためて「ヒプノシスマイク」の注目ポイントや今後の意気ごみを教えてください。

木村
これからはライブもやっていきたいと考えています。やるからにはみんながペンライトをバウンスしてくれる光景が見たいですが、逆にペンライトは持たずに、観客全員が手を上げてウェイブしてくれるようなライブも『ヒプノシスマイク』らしくていいかもしれませんね。声優のイベントで「こんなの見たことない!」と驚いてもらえるコンテンツにしたいと思っていますので、期待していてください!

【CDシリーズ商品情報】
●第1弾CD
イケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」
タイトル:「Buster Bros!!! Generation」
アーティスト:イケブクロ・ディビジョン Buster Bros!!! 山田 一郎(CV.木村 昴)・山田 二郎(CV.石谷 春貴)・山田 三郎(CV.天﨑 滉平)
定価:1,852円+税
発売日:発売中

●第2弾CD
ヨコハマ・ディビジョン「Mad Trigger Crew」
タイトル:BAYSIDE M.T.C
碧棺 左馬刻【ヨミ:アオヒツギ サマトキ】(CV:浅沼 晋太郎)
毒島 メイソン 理鶯【ヨミ:ブスジマ メイソン リオウ】(CV:神尾 晋一郎)
入間 銃兎【ヨミ:イルマ ジュウト】(CV:駒田 航)
定価:1,852円+税
発売日:11月15日リリース

●第3弾CD
シンジュク・ディビジョン「麻天狼(マテンロウ)」
神宮寺 寂雷【ヨミ:ジングウジジャクライ】(CV:速水 奨)
伊奘冉 一二三【ヨミ:イザナミ ヒフミ】(CV:木島 隆一)
観音坂 独歩【ヨミ:カンノンザカ ドッポ】(CV:伊東 健人)
定価:1,852円+税
発売日:12月6日リリース

●第4弾CD
シブヤ・ディビジョン「Fling Posse」
飴村 乱数【ヨミ:アメムラ ラムダ】(CV:白井 悠介)
夢野 幻太郎【ヨミ:ユメノ ゲンタロウ】(CV:斉藤 壮馬)
有栖川 帝統【ヨミ:アリスガワ ダイス】(CV:野津山 幸宏)
定価:1,852円+税
発売日:12月27日リリース
(更新日:2017年11月30日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(マンガ/アニメ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME