top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

いるのにいない女子高生・三鷹渚の秘密、上田竜也主演「新宿セブン」第6話レビュー

music.jp

いるのにいない女子高生・三鷹渚の秘密、上田竜也主演「新宿セブン」第6話レビュー(C)music.jp 上田竜也(KAT-TUN)のドラマ初主演作、テレビ東京系列ドラマ「新宿セブン」第6話が11月17日(金)に放送された。七瀬質店にひとりの女子高生が現れた。彼女は質草と引き換えに現金を受け取ると、瞬く間に姿を消してしまった。質屋を舞台に起こった怪談人情噺。

新宿歌舞伎町で「七瀬質店」を営む七瀬のもとには、。歌舞伎町に蠢く暴力団、キャバ嬢らからさまざまなブツが持ち込まれる。確かな鑑定眼で、本物か偽物か瞬時に見抜き、金額を提示する。七瀬の鑑定眼の根底にあるのは本物へのこだわり。それは自身の出自に由来する。彼はどこで生まれ育ち、そしてなぜ歌舞伎町にたどり着いたのか……。七瀬質店に転がり込んできた記憶喪失の女・華もまた過去に事情を持っているようだった。原作は日本文芸社発行の「漫画ゴラクスペシャル」連載中の同名漫画。

必要なのは32,000円プラス消費税

印刷ミスの切手、同じく製造ミスの硬貨。ときおり市場に出回ってしまうこれらのエラー品は、物好きな蒐集家たちが存在するおかげで、額面以上の価値を持つことになる。七瀬(上田竜也)からそう聞かされた大野健太(中村倫也)は、国の根幹ともいえる貨幣製造過程でさえ、そのようなことが起きてしまう事実に驚く。理屈じゃ説明できないエラーは、あらゆることに起こりうる。それが七瀬の説明だった。

後日、健太は七瀬が言ったことを実感することになる——。

その日、店番をしていた健太の前に現れたのはひとりの女子高生(川島鈴遥)だった。彼女は一体のテディベアを手にしていた。10万円にならないかという。健太が渋ると、32,000円でいいと言ってきた。さらに、どうしても買いたいものがあるから消費税分もプラスしてと付け加えた。契約成立。健太は売買契約に必要な書類を整えると現金をテーブルに置いた。ほんの一瞬目を離したすきに、彼女と現金は消えていた。

残されていたテディベアを調べ、七瀬は不審に感じる。モノに宿る「気」を感じない……。幽霊だったのか。健太は震えあがる。

いるのにいない女子高生「三鷹渚」の秘密

彼女が着ていた制服の女子高を訪ねた。手掛かりはテディベアのリボンに書かれている「三鷹渚」という名前。健太は不審がられながらも校門前で聞き込みを続けた。ひとり、その名前に反応した子がいたが、彼女は表情をこわ張らせたまま去っていった。何かある……七瀬は、勤務する教師を、どこからか入手した女装写真(笑)をネタにゆすり、アルバムの開示を求めた。

坂田奈美。高木加奈。その並びに目が留まる。スマホで接写し、健太に確認を求める。店に来たのは坂田奈美で間違いなかった。「でも彼女は屋上から飛び降り自殺しています。いじめが原因で……」教師はそう言った。

坂田奈美の隣に映っていた高木加奈は、健太の聞き込みで動揺した女子高生だった。彼女は七瀬の呼び出しに応じた。七瀬は「三鷹渚」の名を、「サカタナミ」「タカダカナ」ふたりの名前のアナグラムだと見破っていた。

後部座席に置かれていたプレゼント

加奈は語り始めた。奈美と共作で漫画を描いていたこと。そして、奈美が飛び降りた現場に居合わせたこと——。その日、いつものように漫画の打ち合せをしていたが、加奈はいじめを受けている奈美を案じて、教師に相談することを勧めた。一瞬の間をおいて、奈美は「一緒に職員室に行ってくれる?」と加奈に問うた。加奈は言葉に詰まった。いじめられっ子への同情は、いじめっ子たちの関心を自らの身に引き寄せかねない危険な行動だ。「そうだよね」奈美が絶望したように言う。ふたりの間に小さな溝ができた。「もう会わないほうがいいかもね、私たち」。奈美はそういって、加奈が持っている原稿を奪おうとした。もみ合ううちに原稿はバラバラになり、そのうちの1枚が屋上のフェンス外まで風で流されてしまった。奈美はそれを取ろうとフェンスを乗り越え、バランスを崩して転落した。それが自殺の真相だった。

奈美の父親・坂田五郎(ダンカン)はタクシー運転手だった。最愛の娘を失って以来、何度となく小さな接触事故を起こしている。七瀬は五郎を呼び出した。ひょっとして何か荷物が届いてないかと聞く。彼は後部座席に置かれていたという小箱を持ってきた。七瀬に促されて、開けてみる。メガネが入っていた。メガネとレンズ合わせて32,000円。それが七瀬の鑑定結果だった。「最近、接触事故起こしてんだろ。視力が低下してるんじゃないのか。かけてみな」。父親の視界がクリアになった。「亡くなった娘さんからのプレゼントだ」。ばかな……。娘は死んでいるのに。呆然とする五郎に七瀬が声をかけた。「この世には理屈じゃ説明のつかないエラーが存在するんだよ」

脚本に感じる落語の影響

落語でいうところの人情噺、怪談噺。毎回起承転結きれいにまとめているところから想像するに、落語からネタ引っ張ってきてるんじゃないかなあと。勝手な想像ではありますが。しかし、今回のエラーコインから引っ張って幽霊に着地は、なかなかに強引。トップロープに上っているレスラーを反対側のトップロープ付近まで投げちゃうくらいの力業、だと思います。

次回第7話は、11月24日(金)深夜0時12分より放送

健太が美女から求婚された!? その狙いは……。
第7話は、テレビ東京系列で11月24日(金)深夜0時12分より放送。

「新宿セブン」公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/shinjuku_seven/

⇒ドラマ「新宿セブン」作品ページへ
http://music-book.jp/video/title/126116

⇒「新宿セブン/観月昴(原作)/奥道則(画)」作品ページへ
http://music-book.jp/comic/title/89167

>上田竜也「未完成のアンサー」試聴&ダウンロード ※SPのみの配信
http://music-book.jp/music/Artist/836104/Music/aaa8l6df

TOPICS

ランキング

ジャンル