top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

藤岡弘、「コロナ禍は集団ショッカー」人類はひとつになれ!

SmartFLASH

 

 コロナ禍の日本や世界に対して、藤岡弘、は真摯なまなざしを向けていた。

 

「藤岡家の家族会議でも、コロナ禍に関しては、毎日のように話し合っています。

 

広告の後にも続きます

 私が普段から子供たちに唱えていた『人生は生きるか死ぬかのサバイバル』という言葉を、自分たちなりに実感として受け止めているようです」

 

 

 常日頃から、日本の伝統文化や武士道を重んじている藤岡だが、コロナに関しては「世界的な広い視点が必要」という。

 

「コロナは、言ってみれば全人類に向かって『仮面ライダー』のショッカー軍団が全力で挑戦してきたような状況。これは国境や民族も越え、人類がひとつとなって対応すべき問題です。

 

 世界的な視点で皆が英知を結集させ、『生き残る』ということに注力しなければならないと思います。

 

 ウイルスは、地位、名誉、富、なにも関係なく、皆に襲いかかってきます。このコロナ禍の後には『日本沈没』(1973年、藤岡弘、出演)のように、安住の地を求めて民族大移動さえ起きるかもしれません。

 

 私の家族もそういった世界的な大転換期を生きているということを肌で感じ、この過酷な状況をどう生きるか、真剣に思いを馳せ、日々家族で議論しています。

 

 世界危機的な状況ですが、生き残るために家族がひとつとなって、さらに団結するチャンスでもあると思うのです。

 

 みなさんもこの時期こそ、家族の絆を深めてほしいですね。危機をチャンスととらえるプラス思考で、ともにサバイバルしていきましょう!」

 

ふじおかひろし
 愛媛県出身 1965年に松竹映画でデビュー。1971年に『仮面ライダー』(テレビ朝日系)に本郷猛役で主演し、ヒーローの座を確立。その後も数多くの映画に出演。武道家として計20以上の段位を持つ。セガPR動画で長男の真威人と親子共演

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル