top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ムロツヨシが赤ちゃん(中身は中年男性)役で吹き替え初挑戦 芳根京子、宮野真守ら『ボス・ベイビー』日本語吹き替え版キャストが決定

SPICE

2018年3月21日(水・祝)公開のアニメーション映画『ボス・ベイビー』の日本語吹き替えキャストとして、ムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、山寺宏一が出演していることがわかった。

『ボス・ベイビー』は、『怪盗グルー』シリーズのユニバーサル・スタジオと、『シュレック』のドリームワークス・アニメーションが初のタッグを組んで世に送り出す作品。見た目はキュートな赤ん坊ながら中身は中年男性という“ボス・ベイビー”が、両親と三人で幸せに暮らす7歳のティムの元にやってきたことから始まる騒動を描く。


写真左上から時計回りに、ムロツヨシ、芳根京子、山寺宏一、宮野真守



同作の吹き替えキャストに決定したムロツヨシが担当するのは、タイトルにもなっている中身が中年男性の赤ん坊“ボス・ベイビー”。また、芳根京子は、ボス・ベイビーに振り回される兄のティムを、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロイン・すみれ役で脚光を浴びた芳根京子が演じる。

また、宮野真守は大人になったティム役、山寺宏一はティムの両親が務める会社のCEO、フランシス・フランシス役で出演している。


なお、ムロツヨシと芳根は本作で初めて吹き替えに挑戦することになる。

ムロツヨシ、芳根、宮野、山寺のコメントは以下のとおり。

広告の後にも続きます

 

ムロツヨシ

吹き替えのお仕事はいつかしたいと思っていたのですが、まさか赤ちゃんの役をやれるとは思っていなかったので、オファーを頂いて嬉しくて飛び上がりましたね。ドラマや映画のように自分の間でお芝居できる俳優の仕事と違って、アニメーションの“ボス・ベイビー”本人のお芝居に合わせなければいけないのですが、「赤ちゃんだけど、おっさん」の時と「おっさんだけど、赤ちゃん」の時の二つが交互に来たり、所々出たりするお芝居はやりがいがあると思いました。見た目(赤ちゃん)でのお芝居は出来ないですから、見た目をお借りして、新しい自分の芝居ができる、楽しくやれるというところがいい仕事だなと思いました。僕と芳根京子ちゃんとの最初の共演は「教え子」、先生と生徒だったので。まさか兄弟で私が弟やる日が来るとは思いませんでしたから楽しみです。

 

芳根京子

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル