top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

月9の重圧で社長にビンタ「西内まりや」もう限界

SmartFLASH

 

 10月3日、歌手の西内まりや(23)はアポなしで突然、所属事務所「ライジングプロ・ホールディングス」(以下ライジング)にやってきた。

 

「最初から手がつけられない興奮状態で、春日隆社長が『話は聞くから』ととりなして応接室に入った。ところが数分もたたないうちに、西内が応接室から飛び出してきて泣き叫んだ。中では、社長が顔を手で覆うようにしてうずくまっていた」(ライジング関係者)

 

広告の後にも続きます

 2014年のレコード大賞最優秀新人賞に輝いた10代のカリスマ・西内が、所属事務所社長に起こした前代未聞のビンタ事件を「週刊文春」が報じた。西内は10月下旬、代理人を通じ所属事務所に「来年4月以降の契約を更新しない」という通知書を送りつけたという。

 

 西内は、米国への短期留学という名目で8月から休業していた。じつは、留学は2017年初めに3カ月間行く予定だった。ところが直前になって、1月からのフジ月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の主演が決まった。

 

 フジが主演に内定していた竹野内豊に断わられ、急遽脚本を変え、留学のためスケジュールを空けていた西内に、白羽の矢を立てた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル