top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

秦基博、紫綬褒章を受章した作詞家の松本隆と共に、NHK学園高等学校の新校歌を制作!

UtaTen

松田聖子「赤いスイートピー」、寺尾聡「ルビーの指輪」、KinKi Kids「硝子の少年」など、日本のポップス史に刻まれる数多くのヒット曲を手がけてきた松本隆は、2017年11月に芸術やスポーツ、学術などの分野で活躍した人に贈られる「紫綬褒章」を満を持して受章。
受章後初めての作詞活動として、NHK学園高等学校の新校歌を作詞することがわかった。
なお松本にとって校歌の作詞を手がけるのは初めて。

2015年に作詞家活動45周年を迎えた松本は、記念アルバムとしてリリースした『松本 隆作詞活動四十五周年トリビュート 風街であひませう』が、日本レコード大賞企画賞を受賞するなどその功績が認められ『第66回芸術選奨文部科学大臣賞』に輝いた。
先日に発表された『第59回日本レコード大賞』では、全曲作詞を担当したクミコ with 風街レビューのアルバム「デラシネ déraciné」が優秀アルバム賞を受賞。
フルアルバムの全作詞作品としては、1986年の松田聖子「SUPREME」以来31年ぶりの受賞となった。

2018年4月に設立55周年を迎えることを記念し、新校歌を制定することを決定したNHK学園高等学校は、心の琴線に触れる言葉で日本の音楽シーンをリードしてきた松本の音楽活動の歩みが、同学校の設立の趣旨や歴史と重なることなどを理由に作詞を依頼した。

作曲は今年デビュー10周年を迎えた秦 基博が担当。
初のベストアルバム「All Time Best ハタモトヒロ」が自身初のアルバムウィークリーチャート1位を獲得し、また代表曲である映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌「ひまわりの約束」が、発表から3年を経て今なお幅広い世代に愛され歌い継がれていることなども評価され、作曲を担当するに至った。

クミコ with 風街レビューの第1弾シングル「さみしいときは恋歌を歌って」で、秦と初めて楽曲制作に取り組んだ松本は「竹を割ったようなシンプルでいいメロディー」と彼の作曲センスを認めており、この度2度目のタッグが実現。
時代を超えたヒットメーカーのコラボで誕生する楽曲の完成が今から待ち遠しい。

■クミコ with 風街レビュー「デラシネ déraciné」
http://columbia.jp/kumiko/

松本、秦とともにNHK学園高等学校の校長・賀澤 恵二からも歓びの言葉が届いている。

松本隆 コメント


紫綬褒章をいただいて、最初の仕事は何になるのだろうと考えていたら、NHK学園の校歌の作詞を依頼された。応援歌は書いたことがあるが校歌は初めて。
人生は何度でもチャレンジできる、そんなテーマで、新しい校歌はカッコいいねと歌ってもらえるような作品を作りたい。

秦基博 コメント


今回、NHK学園の校歌を作曲させて頂くことになりました。
「校歌を作る」ことは、初めての経験なので、一体どんな曲が生まれるのだろうかと自分でもドキドキしています。しかも、作詞が松本隆さん!またご一緒できるなんて本当に光栄です。
それぞれの理由を持ちながら、それぞれの環境で学ぶNHK学園の生徒の皆さん。皆さんが過ごすNHK学園での日々の中で得られるたくさんの出会いや、その二度とない大切な時間に、これから生まれる新校歌が、静かにそっと寄り添ってくれることをイメージしながらメロディを綴れたらと思います。
そして、願わくば卒業後もその歌が、学園での思い出と結びつき、ずっと共に皆さんの胸の中に在るように。皆さんの歌う姿をイメージしながら曲を作りたいと思います。
とにかく、NHK学園の生徒の皆さん、先生方、父兄の皆さんに喜んでもらえるようにがんばります!

NHK学園高等学校校長 賀澤恵二コメント


このたびは、NHK学園高等学校の新校歌の制作にあたり、作詞を松本隆様、作曲を秦基博様にお願いいたしますことを皆様にご報告できますこと、本校の校長として大いに喜びとするところです。
NHK学園高等学校は日本最初の広域通信制高校として、これまでに7万人を超える卒業生を世に送り出し、来年4月に開校55周年を迎えます。その間、私たちも学びやすい環境を実現するため教育手法の改革の努力を続け、今日に至っております。
NHK学園高等学校で学ぶ生徒たちの背景は様々ですが、誰もが未来の世界を担う大切な人材です。
本校は今後とも、この人たちが希望と自信、そして生きる力を身につける場である、ということをあらためて広く発信するのが開校55周年の節目に新しい校歌を作るねらいです。
作詞をお願いする松本隆様は、先日紫綬褒章を受章されました。心の琴線に触れる言葉によって日本の音楽シーンをリードされてきた歩みは、本校の歴史とも重なるように思えます。シンガーソングライターとして活躍され、若い世代から大きな支持を受けている秦基博様には作曲をお願いしています。まさに、新校歌の創造に最もふさわしいお二人です。今回の私たちの思いに共鳴していただけましたこと、感謝に堪えません。
来年春の新校歌の誕生を生徒・教職員とともに待ちわびているところです。

【NHK学園高等学校『新校歌』制作について】
NHK学園(日本放送協会学園)高等学校NHK学園高等学校は、2018年の4月に開校55周年を迎えます。これを記念して、新しい校歌を制作する事と致しました。
NHK学園高等学校は、学習に放送の視聴を取り入れることにより、“いつでも、どこでも、誰でも学ぶことができる”学校を目ざして、1962年にNHKが設立した広域通信制の高校です。このたび制作する『新校歌』には、NHK学園高等学校の建学の精神を踏まえながら、世界の潮流が大きく変化する中で今を生き、未来を創造していく次の世代を応援する気持ちを込めたいと考えました。
『新校歌』は、新学期を迎える2018年4月にお披露目の予定です。

【NHK学園高等学校とは 】
放送(NHK「高校講座」)を教育に活用し、毎日昼間に学校へ通うのが困難な人々に高校卒業資格を獲得して貰うため、1962年にNHKが国立市に設立。来年開校55周年を迎える広域通信制の高校。
年間卒業生総数は1200人程。現在の生徒総数はおよそ3500人。
年齢制限は無く中高年の生徒も在籍しているが、8割が、15才~20才の若い世代。
在宅での自学自習と添削指導を基本とし、登校日に疑問点を解消し学習内容の定着を図る。
ネットを活用し、全国の協力校や海外で学習する生徒も多く、卒業生は大学などへ進学または就職している。部活動や遠足、学園祭などの行事を楽しむ生徒も多い。
現在の校歌は1962年制定。作曲は中田喜直、作詞は清水繁男が手がけた。

TOPICS

ランキング

ジャンル