top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

藤原紀香が鈴木伸之(劇団EXILE)と“17歳差”濡れ場に挑む! 石田衣良原作ラブミステリーで初共演「眠れぬ真珠」

music.jp

藤原紀香が鈴木伸之(劇団EXILE)と“17歳差”濡れ場に挑む! 石田衣良原作ラブミステリーで初共演「眠れぬ真珠」(C)music.jp 藤原紀香が主演を務める木曜ドラマF クリスマス・スペシャル「眠れぬ真珠〜まだ恋してもいいですか?〜」が、2017年12月21日(木)と28日(木)の2週連続(前後編)、よる11:59〜0:54に、読売テレビ・日本テレビ系で放送されることが明らかになった。原作は、石田衣良氏の大人の恋愛小説「眠れぬ真珠」(新潮文庫刊)。相手役には、藤原とはドラマ初共演となる鈴木伸之(劇団EXILE)が起用されている。

今作では、更年期障害に悩む45歳の独身女性と、17歳年下の恋愛模様に、狂気じみたストーカーが迫るというサスペンス要素を盛り込んだラブミステリーが展開する。毎回“F”から始まるキーワードで作品のイメージを表現している木曜ドラマFだが、今回は“FINAL LOVE”をキーワードに、同枠で初めて2週連続の作品を放送。脚本はラブストーリーもサスペンスも得意とする川崎いづみ氏[※]が手掛け、監督は国本雅広氏が務める。

昨年3月に結婚し、結婚後民放ドラマ初主演となる藤原が今作で演じるのは、海辺の家にアトリエを構える銅版画を専門とする女性画家・内田咲世子役。芯が強く芸術に対して真っ直ぐな咲世子は、年上の画商と不倫関係を続けていたが、17歳年下の徳永素樹(鈴木)と出会い、年下への想いに葛藤しながら、一途な恋に落ちていく。

鈴木が演じる素樹は、海辺の町のカフェに務めるウェイター。以前はドキュメンタリーの映像作家だったが、商業映画での自己表現に行き詰まり、海辺の町に逃げてきたところ、カフェの常連の咲世子に興味を持ち、彼女を題材にしたドキュメンタリーを撮る中で強く惹かれていく。

また、脇を固める共演者たちも決定。結婚しているにもかかわらず咲世子と関係を持ち、福崎亜由美という若い女性とも付き合っている画商・三宅卓治役を升毅、三宅と不倫関係に陥り、狂気の愛情から三宅の妻や咲世子にストーカー行為をするようになるキュレーター・福崎亜由美役を水沢エレナ、素樹の幼馴染みで元恋人の若手新進女優・椎名ノア役を佐野ひなこ、咲世子を妹のようにかわいがる、ギャラリーのオーナー・中原町枝役を朝加真由美がそれぞれ務める。

12月21日(木)に放送される前編では、咲世子が素樹と出会って恋に落ちていく姿や、亜由美が徐々にストーカー化していくサスペンス要素が見どころ。そして後編では、亜由美のストーカー化が本格化し、咲世子は「素樹を返してほしい」とノアから迫られ、咲世子と素樹の恋の行方が最大の見せ場になる。さらに、今作には2つのタイプの濡れ場があり、不倫の三宅とは欲望の赴くまま、純愛の素樹とは美しく、咲世子と男性たちの関係が描かれる。藤原にとっては結婚後初めて挑む濡れ場ということで、注目を集めそうだ。

クランクインは11月18日を予定し、ロケは郊外の海辺の町で行われるという、木曜ドラマF クリスマス・スペシャル「眠れぬ真珠〜まだ恋してもいいですか?〜」。作品内容の詳細ならびに続報が気になる人は、ドラマ公式サイトのチェックをお忘れなく。

※川崎いづみさんの「崎」は「立つ崎」

■藤原紀香(内田咲世子 役)コメント

——このドラマのオファーを受けた時の率直な感想をお聞かせ下さい。

本格的なラブストーリー、そしてワクワクする素敵な脚本でした。45歳の咲世子は同年代で等身大であること、そして、年下の男性が思い焦がれるような魅力ある女性を演じられるのはとても楽しみです。ひたむきに咲世子という役に向かい合い、演じきりたいと思います。

——今作は石田衣良さん原作の大人のラブサスペンスですが、台本を読んでみて、いかがでしたか?

年の差恋愛のトキメキや切なさがとても丁寧であり、大胆、且つ しなやかであるとても面白い作品だと感じました。

——この作品では17歳離れた男女の恋愛が描かれています。年齢が離れた恋愛についてはどのようなイメージを持っていますか?

40代で多くの方が経験すると言われている更年期障害に苦しむ咲世子ですが、17歳下の素樹と出会い、次第に惹かれていく気持ちに共感できる女性は多いのではないでしょうか。
自身としては、恋することに対しては歳上も歳下も関係ないという考えを持っていますが、その恋心とは裏腹に、将来のことや世間的な事などのいろんな側面の問題を考えると、恋する気持ちにブレーキをかけてしまう憂いや、それでも 彼の健気さや真っ直ぐさに惹かれていってしまうことはとても共感できます。

——劇団EXILEに所属する共演者の鈴木伸之さんにはどのような印象をお持ちですか?

初めて共演させていただくのですが、ドラマなどで拝見していてとても素晴らしい若手俳優さんだなと思います。優しく可愛らしげな印象もある中で、さりげない色気を感じさせてくれる鈴木さんは素樹役にぴったりだなと思います。映像作家である素樹に撮影されるシーンなど、2人のやりとりが多いので楽しみにしています。

——放送を楽しみにしている視聴者にメッセージをお願いします。

2週に続くクリスマス・スペシャルドラマということで、この寒い冬にふさわしいラブストーリーを皆さんに楽しんでいただきたいと思います。こんな恋をしてみたい、こんな恋のカタチもあるんだな、なんてドキドキしてもらえるよう、監督はじめ素敵なキャスト陣、才能豊かなスタッフの皆さんと、この作品に想いを込め、大切に創っていきたいと思います。

■鈴木伸之(徳永素樹 役)コメント

——このドラマのオファーを受けた時の率直な感想をお聞かせ下さい。

原作を読んだことがなかったので、どんな作品なのかと楽しみでしたし、本を読ませて頂き、歳の離れた恋愛を描くという事で、今までそういった経験がないので心配もありますが、本が素晴らしいので、もう既にいい作品になるのではないかという予感がしています。年齢を問わず世の中の女性の背中を押せるような作品になればいいなと思ってます。

——今作は石田衣良さん原作の大人のラブサスペンスですが、台本を読んでみて、いかがでしたか?

歳が離れていることによって生まれる障害なども丁寧に描かれているので、そういう所はさすが石田先生だなと改めて思いました。
また1夜を見たら必ず2夜が見たくなりますし、2夜ではそれが見事に完結されているので、年末のスペシャルドラマとして楽しんで頂ける作品だと思います。

——この作品では17歳離れた男女の恋愛が描かれています。年齢が離れた恋愛についてはどのようなイメージを持っていますか?

今の世の中では、40代と20代の恋愛というのもよくある話なのかなと思います。
ただ、個人的には今の自分では全く想像がつかないので、このドラマに参加して、色々勉強になったり、気付かされる事が多いような気がします。

——共演者の藤原紀香さんにはどのようなイメージをお持ちですか?

すごくお綺麗な方ですし、女性として華があり、ずっとご活躍されている方なので、その方と一緒にお芝居させて頂けるのが本当に有難い事なので、粗相のないように、一生懸命一緒にいい作品を作っていけたらいいなと思います。

——放送を楽しみにしている視聴者にメッセージをお願いします。

本当に台本・脚本が面白く、この役を演じたいと思いました。
この作品を通じて沢山の方に僕の事を知って頂けたらと思いますし、多くの方にこの作品を見て頂けるように、一生懸命頑張りますので、是非年越し前にこのドラマをご家族、ご友人、カップル、ご夫婦…色々な方と見ていただけたらと思っております。
楽しみにしていて下さい。

広告の後にも続きます

■中間利彦プロデューサー コメント

石田衣良さんの原作を読んだ時、切なくて悲しくて嬉しくて…様々な感情を揺さぶられ、「絶対にテレビドラマ化したい」と思いました。
主人公の内田咲世子役には、幅広い世代の女性が憧れる藤原紀香さんしか考えられませんでした。繊細さと強さを持ち、17歳年下の男性が想い焦がれる魅力的な女性の役に、藤原紀香さん以上に相応しい人はいないと思います。
そして徳永素樹役を考えた時、今最も魅力的な若手俳優の一人で、セクシーさと男らしさを併せ持つ鈴木伸之さんを一番にイメージしました。
本当に理想のキャスティングが実現でき、感謝、感謝です!
2人の化学反応が、今から楽しみで仕方ありません。
クリスマスの季節にお届けする、「上質な大人のラブストーリー」にご期待下さい。

■眠れぬ真珠 〜まだ恋してもいいですか?〜 | 読売テレビ

http://www.ytv.co.jp/sleepless_pearl/

TOPICS

ランキング

ジャンル