top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

ファンが5000人殺到「安室奈美恵」ラスト紅白狂想曲

SmartFLASH

 

 11月8日、最新のベストアルバム『Finally』のリリースに合わせて、安室奈美恵(40)が、大阪のラジオ番組の公開生放送に出演。突然の「引退発表」後、初めて公の場に登場するとあって、会場内外には約5000人ものファンが殺到した。

 

 販売店からの予約だけで100万枚を突破したというアルバムについて、彼女は、「気持ちをこめて作っているので、特別な感情がある。早く聴いてほしいな」と、笑顔で語った。

 

 自身の集大成となるアルバムは、デビューからの39曲に新曲6曲を加えたCD3枚組の超大作だ。

 

「ベスト盤といっても、過去の作品をリリース順に再収録しただけの企画ものではありません。2014年までに発表された39曲については、ボーカルをすべて録り直しています。今回、新たにリミックスを施しているので、かなり手間がかかっていますね。スタジオ代やマスタリング費用など、少なく見積もっても1000万円以上、本作のために使っています。ベスト盤にこれだけのお金を使うのは異例です」(音楽プロデューサー)

 

 一方で、NHKの『紅白歌合戦』への出場については、さまざまな憶測が飛び交っている。

 

「彼女はこの数年、テレビでは歌わないというスタンスでやってきました。『紅白』が引退のクライマックスのような扱いになると、今後のツアーの盛り上がりに欠けるのではないか、という懸念が安室サイドにはある。それよりは、生のライブに来てくれるファンのために、最後の情熱を傾けたい気持ちが強くなってきている」(音楽関係者)

 

 2017年が最後の紅白出場のチャンス。残り1カ月半。“狂騒曲”はしばらく収まりそうにない。

 

(週刊FLASH 2017年11月28日号)

 

TOPICS

ランキング

ジャンル