top_line

長澤まさみ・高橋一生出演のラブストーリー『嘘を愛する女』の最新予告篇が解禁、主題歌は松たか子が担当

music.jp

長澤まさみ・高橋一生出演のラブストーリー『嘘を愛する女』の最新予告篇が解禁、主題歌は松たか子が担当(C)music.jp 長澤まさみ、高橋一生らの出演で贈るラブストーリー映画『嘘を愛する女』[2018年1月20日(土)公開]の主題歌が、松たか子の新曲「つなぐもの」であることが判明し、同曲を使用した最新予告篇が解禁。併せて、松、長澤、高橋らが同曲に寄せたコメントも到着した。

「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM 2015」にて応募総数474本の中から初代グランプリを勝ち取った企画を映画化する今作では、ミステリー要素も兼ね備えた新感覚のラブストーリーが展開。愛する人の嘘に翻弄されるヒロイン・川原由加利役を長澤まさみ、由加利の正体不明の恋人・小出桔平役を高橋一生がそれぞれ演じるほか、DAIGO、川栄李奈、黒木瞳、吉田鋼太郎が脇を固め、脚本と監督を「ゆうちょ銀行」「住友生命」「シーブリーズ」などを手掛けるCM界の若き才能・中江和仁が担当する。愛する人の素性が全て嘘だったら…、なぜ嘘をつき続けたのか、その愛は本物か、愛とは何なのか…。

このたび解禁された最新予告篇は、最愛の人である桔平の嘘に翻弄される主人公・由加利が、彼の謎に迫っていく様子を描いた内容に。そんな映像を、松たか子の新曲「つなぐもの」[作詞:坂元裕二/作曲:松たか子/編曲:佐橋佳幸・山本拓夫]が優しく包み込んでいる。松が映画主題歌に楽曲を提供するのは今回が初めて。また、同曲が松の8年ぶりのニューアルバム『明日はどこから』(12月6日発売)に収録されることも明らかになった。

アルバムには同曲の他、「明日はどこから」(NHK連続テレビ小説「わろてんか」主題歌)、椎名林檎が作詞・作曲を手掛けた「おとなの掟」[歌:Doughnuts Hole](初CD化/TBS系火曜ドラマ「カルテット」主題歌)、松による書き下ろし楽曲や、大貫妙子、加藤ひさし(ザ・コレクターズ)、伊藤俊吾(キンモクセイ)らが提供した新録曲も収録。さらにボーナストラックとして、ドラマ「カルテット」で松が演じた“Maki Maki(巻真紀)”バージョンの「おとなの掟」やカラオケバージョンも収められる。

アルバムの詳細については松たか子公式サイトを、『嘘を愛する女』の詳細については映画公式サイトを参照されたい。

■『嘘を愛する女』予告2

■松たか子 コメント

数年前に書いた、名もない曲が、素敵な映画に出会い、つなぐもの、になりました。
全ての御縁、に感謝しています。

■長澤まさみ コメント

つつみ つむぎ つづけ つなげるもの つなげ
つづけて つながるもの、人生はその連続なのだと。
松さんの優しくて力のある歌声に物語の奥行き、人の想いの動き全てを代弁してもらった気がしてなんだか悔しくなりました。
ストーリーを支えてくれる楽曲にとても感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

■高橋一生 コメント

松さんの作曲、坂元さんの作詞、佐橋さん編曲。
映画作品の音楽は、その作品の重要な要素になり得るものと思っています。
僕が勝手にご縁を感じているお三方が関わってくださること、嬉しく思います。
大事なものをしまっている箱を開けるような、あたたかい気持ちになれるこの曲に出会えて、この作品に参加させていただいていることを益々嬉しく思うと共に、こういった形でまた同じ作品でご一緒出来ることを幸福に感じます。
松さんの歌声を聴いて、いつかあったかもしれない、また、いつかあるかもしれない、唯一の人とのことを思って、人知れず つむぎ つづけ つなげる勇気をいただきました。

■映画『嘘を愛する女』プロデューサー

エンディングには、映画に浸った観客の気持ちに寄り添うよう、無垢で伸びやかな歌声に、ほのかな希望を感じさせる、そんなアーティストを探していたところ、松たか子さんのイメージが制作者として浮かびました。
演者でもある松さんならではの解釈で、映画と同じ体温の楽曲を生みだして頂きました。
観終わった観客が、映画の主人公の未来に思い馳せながら、思わず口ずさんでしまう、そんな楽曲になったと感謝しています。

■映画『嘘を愛する女』

2018年1月20日(土)全国ロードショー

監督:中江和仁
脚本:中江和仁・近藤希実
撮影時期:2017年3月12日〜4月22日
配給:東宝
製作:「嘘を愛する女」製作委員会
製作プロダクション:ROBOT
出演:長澤まさみ 高橋一生 DAIGO 川栄李奈 黒木瞳 吉田鋼太郎
公式サイト⇒http://usoai.jp/
公式Twitter⇒https://twitter.com/usoaimovie

<ストーリー>
その姿は世の女性が憧れる理想像。食品メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。
「一体、彼は誰ですか?」
くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証は、すべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。
騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)と助手のキム(DAIGO)を頼ることに。調査中、桔平のことを“先生”と呼ぶ謎の女子大生・心葉(川栄李奈)が現れ、桔平と過ごした時間、そして自分の生活にさえ疑心暗鬼になる由加利—。
やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に……。
なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?
そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか—。

(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会

TOPICS

ランキング

ジャンル