top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

飲む物を変えて糖化対策!エイジング対策におすすめドリンク

つやプラ

老化の原因につながる「糖化」をご存知でしょうか? 糖化は肌の老化にも関係しているため、たるみやシミの原因にもつながってしまいます。

食べ物で糖化対策をしている人は多いかと思いますが、糖化対策を意識した飲み物を選んでいる人は少ないかと思います。

管理栄養士の筆者が、アンチエイジングにおすすめの飲み物をご紹介します。

■アンチエイジングには糖化対策が大切

食事から摂った過剰な糖質が体内のたんぱく質と結びつくと、老化を促進させる「AGEs(糖化最終生成物)」が作り出されます。AGEsは、血管をもろくしたり肌の弾力やハリを低下させるなど、老化を加速させる原因につながります。

急な血糖値の上昇や酸化ストレスによって糖化が進むといわれているため、糖化対策は「血糖値を上げにくくする」「抗酸化作用をもつ」この2点がポイントとなります。

■アンチエイジングにおすすめな飲み物

甜茶・どくだみ茶

糖化対策には、お茶のなかでも「甜茶(てんちゃ)」や「どくだみ茶」が特に効果的だといわれています。甜茶に含まれる「ポリフェノール」にはアレルギー反応を緩和するなどの働きもあるといわれているため、花粉でお悩みの人にもおすすめです。

お茶はカロリーや血糖値を気にせず飲めますし、甜茶もどくだみ茶もノンカフェインなので、寝る前に飲んでもOKです。普段飲んでいるお茶を、甜茶やどくだみ茶に変えてみても良いですね。

赤ワイン

赤ワインに「ポリフェノール」が含まれていることは、よく知られていますよね。

原材料であるブドウに含まれている「レスベラトロール」というポリフェノールが高い抗酸化力をもつため、糖化対策にもおすすめです。レスベラトロールは加熱しても減少することがないため、料理に使っても良いですね。

とはいえ、お酒は糖質も多いので飲み過ぎはNGです。「糖化対策のためにワインを飲む」のではなく、「お酒を飲む時は赤ワインを選ぶ」ようにし、1日1杯~2杯までにしておきましょう。

レモン水

レモンに含まれる「クエン酸」も、抗糖化対策におすすめです。食事から摂取した糖質は体内で代謝されますが、クエン酸はその代謝を活発にするため、糖化予防の効果が期待できるといわれています。

コップ1杯(約200ml)の水に、レモン半分を絞るだけでOKです。レモンを絞るのが面倒な場合は、市販されているレモン果汁で代用しても良いでしょう。

また、無糖炭酸水にレモンやレモン果汁を入れても、フレーバージュースのように美味しく飲むことができます。炭酸で満腹感が得られるため、ダイエット中にもおすすめしたい飲み物です。

美容だけではなく、健康のためにも気をつけたい「糖化」。普段飲んでいる飲み物を変えてみるなど、小さなことから糖化対策をしてみてくださいね。

(フリーランス管理栄養士 今井 尚美)

TOPICS

ジャンル