「iKON」、自身最長・最多24公演31万3千人動員のツアーを神戸ワールド記念ホールで終幕!
「iKON」、自身最長・最多24公演31万3千人動員のツアーを神戸ワールド記念ホールで終幕!
韓国アイドルグループ「iKON」が10月12日(日)に「iKON JAPAN DOME TOUR 2017」追加公演のツアーファイナルを神戸ワールド記念ホールで行った。

韓国アイドルグループ「iKON」が10月12日(日)に「iKON JAPAN DOME TOUR 2017」追加公演のツアーファイナルを神戸ワールド記念ホールで行った。

今回の追加公演初日を同会場で行ったこともあり、日本各地でライブを行い成長した彼らの姿を楽しみにしている10,000人のファンがライブのスタート前からスクリーンに映し出されるミュージックビデオにあわせペンライトを振ったり、歌ったりと高いテンションでメンバーの登場を待っていた。

場内が暗転しオープニングを告げる楽曲とともに巨大なLEDスクリーンにライブの開始を告げる映像が流れ、メンバーの登場と共にさらに大きな歓声が沸き起こった。一瞬の暗転の後、「KOBE LET’S GO!」の掛け声とともにオリコンウィークリーCDアルバムランキングで初登場1位を獲得した「BLING BLING」からライブスタート。続けざまに「SINOSIJAK REMIX」、「JUST ANOTHER BOY」と一気に会場をヒートアップさせる。

MCでは「遂にファイナルですね!最後まで一緒に楽しみましょう!」「このツアーの最後のライブですが、最後まで楽しんで遊びましょう!」とツアーファイナルを迎えられる喜びを語った。「MY TYPE REMIX (Acoustic Ver.)」をハイチェアーに座り歌いながらメンバーそれぞれがカメラに向かってハートマークやウィンクをサービスしファンから歓声が上がった。さらに、名物コーナーとなったボーカル5人でのMC。この日はJU-NEがツアーファイナルを迎えた場所‘神戸’を題材にした即興ソング『神戸』をギターの弾き語りで歌うと会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

その後はB.Iの「BE I REMIX」、BOBBYの「HOLUP! REMIX」とソロ曲を披露し、こちらも今回のツアーで初めて行われたラッパー2人のMCへ。韓国語のMCを会場のファンに通訳して伝えたり、会場のファンの要望に応えてダンスやメンバーのモノマネを披露したりと楽しんだ。

MC後は、11月29日(水)メンバー初となるソロアルバムを発売するBOBBYの新曲「RUNAWAY」と続き、「PERFECT」「AIRPLANE」「JUST GO」「APOLOGY」と「iKON」の持ち味の一つでもあるバラードを披露し会場を魅了した。ライブも後半に差し掛かると「RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)」「B-DAY」昨年日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得した「DUMB & DUMBER」で会場のテンションを一気に上げ、「WHAT’S WRONG?」「WORLDWIDE」と続き、ラストには「今回は22公演と長いツアーでした。体や気持ちが大変だった時もありましたが、ステージに立って皆さんの顔を見るとパワーをもらえました。本当にありがとうございました!」「また成長した姿で戻ってきます!」と短いMCを挟み「LONG TIME NO SEE」をファンと一緒に歌い本編は終了した。

アンコールのMCでは、「みなさんありがとうございました!今日は特別な日です、今までアンコールでやってない曲をやりましょう!」と、「SINOSIJAK REMIX」をファンと大合唱し、さらに「今日は最後です!もう一曲!」と「WORLDWIDE」を歌いファンに感謝を伝えステージを後にしたが、会場からの熱いアンコールに応え初めてダブルアンコールとして「BLING BLING」「RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)」を披露しアリーナからスタンドまで会場にいるすべてのファンにメンバーが感謝の気持ちを表し自身最長・最多24公演32万3千人動員となったツアーに幕を下ろした。

(更新日:2017年11月13日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(音楽)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME