top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

「もう付き合ってられないわ!」散歩が好きすぎる犬、飼い主たちが動かないため自分で散歩に行ってきた

マランダー



 基本的に犬はお散歩が大好きなもの。雪が降っても何があっても、とにかくご主人とお散歩!はわんこにとって必要かつ楽しいエンターテインメントなのだ。



 上の記事では楽しすぎて、自分でリードをくわえて走り回っちゃったわんこがいたけど、今回は飼い主さんが動かないので、あきらめて自分で自分を散歩させてきた犬が発見されたので紹介するよ。 


Doggy Didn’t Want to Wait for Walk || ViralHog

 事件はカナダのオンタリオ州キング・シティで起こった。この日撮影者さんは愛犬ケーシーを散歩に連れて行こうと思ったのだが、つい玄関先で娘さんと動画を見ながら盛り上がってしまったのだ。

 そしてふと気がつくと、ケーシーの姿が消えていた!

 どこに行った?誘拐か?などと焦ったかもしれない撮影者さん。慌てて周囲を見回すと、通りの向こうからこちらへと歩いてくるケーシーさん発見。



 なんといつまでたっても動こうとしない飼い主にしびれを切らしたケーシーさんは、自分でリードをくわえてお散歩に出かけてしまっていたらしい。



「まったくもう、やってらんないわよ」と言いたげなこの瞳。


 とっととあきらめて自らおでかけしちゃったあたり、多分飼い主さんに待たされるのはこれが初めてじゃないんだろうな。

 今回は自立したケーシーさんだったから良かったものの、世間には悪い人もいるし、交通事故だって心配だ。愛するペットや小さい子供を危険に遭わせないためにも、おしゃべりやスマホはぜひ二の次にして、目を離さないでいていただきたいものである。

written by ruichan

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル