top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

突然変異したモンスターが人々を襲う!パニック映画「グエムル-漢江の怪物-」(2006)

エンタメウィーク(映画)

突然変異したモンスターが人々を襲う!パニック映画「グエムル-漢江の怪物-」(2006)(C)エンタメウィーク(映画) 韓国で爆発的なヒットを記録した、ポン・ジュノ監督(「殺人の追憶」)によるパニック・エンタテインメント大作。ソウルの中心を貫く漢江(ハンガン)の河川敷で、小さな売店を営みながら暮らすパク一家。普段と変わらない日を送っていたパク一家の面々だったが、ある日突然、漢江から飛び出してきた謎の巨大な怪物に娘ヒョンソを奪われてしまう……。

解説

韓国で爆発的なヒットを記録した、ポン・ジュノ監督(「殺人の追憶」)によるパニック・エンタテインメント大作。ソウルの中心を貫く漢江(ハンガン)の河川敷で、小さな売店を営みながら暮らすパク一家。普段と変わらない日を送っていたパク一家の面々だったが、ある日突然、漢江から飛び出してきた謎の巨大な怪物に娘ヒョンソを奪われてしまう……。主演は「JSA」「殺人の追憶」など韓国を代表する名優となったソン・ガンホ。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさんの評価 ★★★★☆

最近ポン・ジュノ監督のファンになり鑑賞。物語の冒頭で在韓米軍が劇薬を漢江に流し捨てているシーンから始まるのですが、それがなんと2000年に韓国で実際起きた事件に基づいているのが衝撃的。今、環境問題の一つに化学物質による河川・海の汚染が取り上げられていますが、これはまさにそれが原因で、生態系を脅かしたことで両生類が突然変異、怪物になります。そして怪物が人を襲う、という図はまさに因果応報。ただ、その怪物に濃厚接触したと思われる人々はすぐに軍によって隔離されたり、感染区域を住民もろともガスの化学兵器で一掃させられそうになるから、本当に怖いです。しかも、アメリカ側が自国の過失を認めずにニュースなどの情報操作をして、人々がパニックになり……。パンデミック時に起きやすい様々な問題が描かれていて、怪物という非現実的なものが登場するのに、かなり現実的な風刺的一面が強い作品です。ダメな父親が娘(家族)のために頑張る、というストーリーも「パラサイト」にリンクしていて面白い。見応えたっぷりな傑作でした!


「グエムル-漢江の怪物-」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル