【特集】『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』攻略ガイド―今日も大量ドン勝だ!
【特集】『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』攻略ガイド―今日も大量ドン勝だ!
Bluehole Inc.が開発・運営するバトロワシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUND(PUBG)』。本記事では、『PUBG』の基本的な部分から、戦い方やコツ、データなどを初心者~中級者向けにご紹介します。

【特集】『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』攻略ガイド―今日も大量ドン勝だ!

最終更新: Patch 2.6.41.2(2017/11/09)

Bluehole Inc.が開発・運営するバトロワシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUND(PUBG)』。本作は爆発的な人気を誇り、日々販売数と同時接続プレイヤー数が増加している大人気タイトルです。本記事では、『PUBG』の基本的な部分から、戦い方やコツ、データなどを初心者~中級者向けにご紹介します。このガイドを読んで練習して、ドン勝を目指しましょう!

なお、本記事中に出てくる一部の名称は、筆者の周りで使用されているものや一般的な名称で記載したものを含んでおり、公式に定められたものではありません。必要に応じて、読者の方々の通称等に置き換えてご覧ください。

本記事は『PUBG』でアップデートが行われる度に随時更新予定。ご紹介している情報は、記事上部に記載しているパッチに合わせた内容です。

◆モード解説
本作にはSolo/Duo/SQUADの3モードが存在します。Soloは1人で、Duoは2人で、SQUADは4人までで遊べます。もちろん、3人以下でSQUADに出撃することも可能です。

また、TPP(Third Person Perspective/3人称視点)と、FPP(First Person Perspective/1人称視点)の視点違いモードが存在します。Solo/Duo/SQUADの後ろに何も付いていないものがTPPにあたり、通常プレイするモードです。FPPでは一般のFPSのようなプレイを楽しむことができます。なお、注意として、FPPモードは若干マウス感度が異なるため、差が気になる方は最適な設定を別途見つける必要があります。

Solo:ソロ、1人/3人称Duo:デュオ、2人/3人称SQUAD:スクワッド、1~4人/3人称Solo FPP:ソロFPP、1人/1人称Duo FPP:デュオFPP、2人/1人称SQUAD FPP:スクワッドFPP、1~4人/1人称
◆サーバ
サーバはNA、EU、AS、KR/JP、OC、SA、SEAの7種があります。特に問題がなければ、KR/JPで問題ありません。

NA:North America(北アメリカ)EU:Europe(ヨーロッパ)AS:Asia(アジア)KR/JP:Korea/Japan(韓国/日本)OC:Oceania(オセアニア)SA:South America(南アメリカ)SEA:South East Asia(東南アジア)

2ページ目では武器全種の性能や使い心地などを解説します!


◆武器
AR(アサルトライフル)SMG(サブマシンガン)SG(ショットガン)SR(スナイパーライフル)Pistol(ピストル、ハンドガン)Misc(その他)Melee(メレー、近接武器)Throwable(投げ物)

■AR(Assault Rifle)
M16A4
使用弾薬:5.56mm
ファイアリングモード:シングル/バースト

オーソドックスなアサルトライフルです。5.56mm弾を使用するAR中最も弾速が速いため、遠距離射撃にも向いています。3点バーストは若干射撃に慣れが必要ですが、使いこなせば全AR中最速の連射速度を出すことができます。また、アタッチメントのスロットが少ないことから、アタッチメントの入手ができなさそうな時に使いやすいというメリットもあります。


SCAR-L
使用弾薬:5.56mm
ファイアリングモード:シングル/フルオート

フルオート射撃が可能な扱いやすいアサルトライフルです。どの距離も戦いやすく、そこまで大きな差はないですが、弾速と連射は5.56mmを使用するAR中最遅で、M16A4、M416のどちらよりも遅いです。垂直方向のリコイルはM416に比べると少なく、水平方向のリコイルが大きいため、アングルドフォアグリップを装着することで、より反動が素直になります。


M416
使用弾薬:5.56mm
ファイアリングモード:シングル/フルオート

最も多くのアタッチメントを取り付けることのできるアサルトライフルです。M16A4とSCAR-Lの間の性能とも言えますが、着弾時の衝撃は非常に弱いため、当たっても敵のaimがぶれにくくなっています。SCAR-Lとは異なり、垂直方向の反動が大きいですが、アングルドグリップを装着することで、ほぼ縦の反動を制御するだけで良くなります。


AKM
使用弾薬:7.62mm
ファイアリングモード:シングル/フルオート

7.62mm弾を使用する、ダメージが大きく反動が大きい銃です。連射速度も遅く、近距離戦では命中率次第で結果が大きく変わります。また、弾速が5.56mmに比べると遅く、遠距離では偏差撃ちの癖が異なるため、練習が必要になります。リロードの遅さをカバーするためにも、大容量クイックマガジン、最低でも大容量マガジンを装着しておきたいところ。また、反動を押さえるためにフラッシュハイダーではなくコンペンセイターを装着するのもおすすめです。


Groza
使用弾薬:7.62mm
ファイアリングモード:シングル/フルオート

Air Dropからのみ出現するアサルトライフル。デフォルトでコンペンセイターが装着されている扱いになっていますが、連射速度がM16A4の次に高く、近距離・遠距離ともに非常に優秀。特に終盤では効果がより発揮されます。

↑トップに戻る
■SMG(SubMachine Gun)
Micro UZI
使用弾薬:9mm
ファイアリングモード:シングル/フルオート

連射速度が高いため、近距離・屋内戦で手軽に威力を発揮できるSMG。弾薬が9mmのため入手もしやすく、指切り(フルオートで2~3発ごとにクリックを離すこと)をすれば、中距離でも十分戦えます。できれば大容量クイックマガジンや大容量マガジンで装弾数を増やしておきたいところ。


UMP9
使用弾薬:9mm
ファイアリングモード:シングル/バースト/フルオート

近距離から中距離まで幅広くカバーできるSMG。素直な反動で扱いやすく集弾性が良いため、中距離での命中率もなかなか。アサルトライフルのセカンダリとして持っておくにはぴったりな武器です。弾をばらまくような戦い方には向いておらず、きっちりと狙っていく方が敵を倒しやすいです。


Vector
使用弾薬:.45 ACP
ファイアリングモード:シングル/バースト/フルオート

近距離に特化したSMG。連射力が高く、撃ち合いでは強めですが、.45 ACP弾を使用するため、ある程度の弾を持ち歩こうとすると結構な重量になるため注意が必要です。また、標準では装弾数が13発と非常に少ないため、拡張マガジンがない場合は敵を倒しきるには難しいので、早期に探しておきたいところ。


トミーガン
使用弾薬:.45 ACP
ファイアリングモード:シングル/フルオート

装着可能なアタッチメントが非常に少ないSMG。Vectorと同様.45 ACP弾を使用し、標準で30発、大容量マガジンで50発装填が可能です。ただし、アタッチメントはサプレッサー、バーティカルフォアグリップ、各種マガジンのみで、サイト類は装着不可。連射をするという意味では中距離程度の射撃は難しくなりますが、近距離は装弾数の多さもあり戦いやすい武器です。

↑トップに戻る
■SG(Shotgun)
S686
使用弾薬:12ゲージ
ファイアリングモード:シングル

ダブルバレルショットガン。近距離戦では弾を外さない、1vs1というような条件であれば、S1897よりも連射力が高いため敵を倒しやすい武器です。しかし、外せばリロードが必要になるため、一気に不利になります。落ち着いて敵を狙うことが必要な武器です。


S1897
使用弾薬:12ゲージ
ファイアリングモード:シングル

ポンプショットガン。5発装填でき、1発ごとに再装填が必要なので連射力は落ちますが、敵が複数の時にはダブルバレルショットガンよりも安心して使用することができます。シェルホルダーを装着することでリロードがかなり早くなるため、見つけた際には忘れずに装備しておきたいところ。


S12K
使用弾薬:12ゲージ
ファイアリングモード:シングル

マガジン式のショットガン。アサルトライフルとアタッチメントを共有しており、何故か8xスコープも装備可能。通常で5発、拡張マガジンで8発まで装填でき、家に攻め込む・待ち受ける場合には非常に強力です。連射力も高いため、近距離戦でも効果を発揮します。

↑トップに戻る
■SR(Sniper Rifle)
VSS
使用弾薬:9mm
ファイアリングモード:シングル/フルオート

サプレッサー、4xスコープ付きのスナイパーライフル。どちらも取り外しが不可能なため、アタッチメントはマガジンとチークパッドのみ。また、9mm弾を使用しているため、かなり敵に当てないと倒すことは出来ませんが、スコープは300mまでマーカーが付いており、約100m以上離れると射撃位置が非常にバレにくくなります。通常のSRとの運用方法は異なりますが、ステルス性が非常に高い武器です。


Mini14
使用弾薬:5.56mm
ファイアリングモード:シングル

5.56mm弾を使用するスナイパーライフル。7.62mmのスナイパーライフルと比べると威力も少し弱いですが反動も少なく、アサルトライフルのような運用も可能です。装弾数も20発あるため、クイックドローマガジンでも十分運用が可能です。


SKS
使用弾薬:7.62mm
ファイアリングモード:シングル

セミオートのスナイパーライフル。7.62mm弾の反動が大きいため、コンペンセイターとバーティカルグリップがおすすめ。また、スナイパーライフルとしては弾の消費が激しいので、7.62mm弾も多めに持ち歩いておきたいところです。


Mk14 EBR
使用弾薬:7.62mm
ファイアリングモード:シングル/フルオート

Air Dropからのみ入手可能なスナイパーライフル。セミオートのため連射は可能ですが、反動が大きく多少癖があるため、慣れるまでに時間がかかります。伏せると付属のバイポッドが展開され、非常に安定して射撃できるので、撃ち下ろしや屋上などからの射撃に向いています。


Kar98k
使用弾薬:7.62mm
ファイアリングモード:シングル

ボルトアクションのスナイパーライフル。ヘルメットLv2までであればヘッドショットで1発で倒すことができ、さらにヘルメットを飛ばすことが可能。スナイパーライフルと言えばこれというぐらい、愛用者も多いです。残弾数が0の場合クリップを使用して一気に装填するためリロードが速くなり、弾が残っている際のリロードは1発ずつ装填するという特徴があります。


M24
使用弾薬:7.62mm
ファイアリングモード:シングル

マガジン式、ボルトアクションのスナイパーライフル。Kar98kと同様に、ヘルメットLv2までであればヘッドショットで1発で敵を倒せます。AWM以下、Kar98k以上という位置づけになっています。また、マガジン式のためKar98kよりも装着可能なアタッチメントが1つ多くなります。


AWM
使用弾薬:.300マグナム
ファイアリングモード:シングル

『PUBG』最強のスナイパーライフル。.300マグナムを使用し、入手はもちろんAir Dropからのみ。20発しかないので無駄撃ちはできませんが、ヘルメットLv3も1発で抜けるという威力を誇ります。しかし、ボルトアクションのためリロードが遅いことに気を使う必要があります。

↑トップに戻る
■Pistol
P92
使用弾薬:9mm
ファイアリングモード:シングル

オーソドックスなピストル。威力はあまり高くはないですが、装弾数が15発と連射しやすいところが魅力。


P18C
使用弾薬:9mm
ファイアリングモード:シングル/フルオート

フルオート連射ができるピストル。連射力は高いものの集弾性能はそこまで高くないので、無闇な連射は禁物。


P1911
使用弾薬:.45 ACP
ファイアリングモード:シングル

.45 ACP弾を使用するピストル。1発の威力が大きいですが、装弾数は7発とちょっと少なめ。


R1895
使用弾薬:7.62mm
ファイアリングモード:シングル

7.62mm弾を使用するリボルバー。連射力はかなり低いですが、1発の威力は相当なもの。Kar98kとは異なりクリップを使用してリロードは行わないので、入手直後の長時間のリロードには注意が必要です。

↑トップに戻る
■Misc
M249
使用弾薬:5.56mm
ファイアリングモード:フルオート

Air Drop限定のマシンガン。5.56mm弾を使用し、装弾数は100発。ダメージ・弾速ともにアサルトライフルよりは高く連射力も高いため、乗り物を破壊するのにも最適です。また、バイポッドが装着されているため、伏せた際は非常に反動が減り、安定します。


クロスボウ
使用弾薬:クロスボウ用ボルト
ファイアリングモード:シングル

ほぼ無音で発射ができる玄人向け武器。弾速が非常に遅く、落下もかなりするものの、相手が止まっているのであれば300m程の距離を撃ち抜くこともでき、Lv3ヘルメットですらヘッドショット1発で倒すことができるのが特徴。ただし、矢筒を装備してリロードが速くなったところで単発武器には変わりないため、近距離戦は他の武器に比べるとかなり不利に。

↑トップに戻る
■Melee(近接武器)
フライパン
『PUBG』唯一の弾丸を防ぐことのできる武器。装備することでフライパンの部分は全ての弾丸を弾くため、後ろから撃たれた際に被弾を抑えることが可能。

バール
様々なゲームでお馴染みのバール(のようなもの)。

マチェーテ
中南米でよく用いられる山刀。


一般的な鎌。

↑トップに戻る
■Throwable(投げ物)
手榴弾
ピンを抜いてレバーを外してから5秒後に爆発し、爆心地付近では一発で死亡に至ります。

スモークグレネード
煙幕。煙の流れる方向はランダムなため、確実に体を隠したい時は、自分や敵の足元に投げ、視界を塞ぐのがおすすめ。レバーを外してから5秒後に爆発します。

スタングレネード
強力な閃光と音で一定時間敵の視界を奪うことが可能。キャラクターの向きをスタングレネードと反対側に向けることで無効化できます。スタングレネードのみ、レバーを外してから2.5秒後に爆発します。

火炎瓶
いわゆるモロトフ。投げた場所から一定範囲を一定時間火の海にし、触れたキャラクターは体に炎が燃え移りダメージを受けます。

↑トップに戻る

3ページでアタッチメントを知ろう!


◆アタッチメント・スコープ
マズルグリップマガジンストックサイトその他

■マズル
コンペンセイター(AR、S12K)
水平方向の反動をわずかに低減し、垂直方向の反動を低減

フラッシュハイダー(AR、S12K)
マズルフラッシュを消し、垂直方向、水平方向の反動をわずかに低減

サプレッサー(AR、S12K)
銃声を軽減する

コンペンセイター(SMG)
水平方向の反動をわずかに低減し、垂直方向の反動を低減

フラッシュハイダー(SMG)
マズルフラッシュを消し、垂直方向、水平方向の反動をわずかに低減

サプレッサー(SMG)
銃声を軽減するショットガン・チョークショットガンの拡散を低減させ、射程距離を延長する

コンペンセイター(SR)
水平方向の反動をわずかに低減し、垂直方向の反動を低減

フラッシュハイダー(SR)
マズルフラッシュを消し、垂直方向、水平方向の反動をわずかに低減

サプレッサー(SR)
銃声を軽減サプレッサー(拳銃)銃声を軽減

↑トップに戻る
■グリップ
バーティカルフォアグリップ(AR、SMG、SR)
垂直方向の反動を低減し、ADSの切り替えを高速化

アングルドフォアグリップ(AR、SMG、SR)
垂直方向、水平方向の反動をわずかに低減し、ADSの切り替えを高速化

↑トップに戻る
■マガジン
クイックドローマガジン(AR、S12K)
リロード時間を短縮拡張

マガジン(AR、S12K)
マガジンの容量を増加拡張

クイックドローマガジン(AR、S12K)
リロード時間を短縮し、マガジン容量を増加

クイックドローマガジン(SMG)
リロード時間を短縮

大容量マガジン(SMG)
マガジンの容量を増加

大容量クイックドローマガジン(SMG)
リロード時間を短縮し、マガジン容量を増加

クイックドローマガジン(SR)
リロード時間を短縮

大容量マガジン(SR)
マガジンの容量を増加

大容量クイックドローマガジン(SR)
リロード時間を短縮し、マガジン容量を増加

クイックドローマガジン(ピストル)
リロード時間を短縮

大容量マガジン(ピストル)
マガジンの容量を増加

大容量クイックドローマガジン(ピストル)
リロード時間を短縮し、マガジン容量を増加

↑トップに戻る
■ストック
ストック(マイクロ UZI)
リコイルの反動からの回復を速くし、揺れを減らす

タクティカルストック(M416、Vector)
反動からの回復を高速化し、ADS時の揺れを減らす

シェル・ホルダー(ショットガン)
リロード時間を短縮

シェル・ホルダー(Kar98k)
リロード時間を短縮

チークパッド(SR)
反動と揺れを軽減

↑トップに戻る
■サイト
レッドドットサイト
ホログラフィックサイト
2倍スコープ
4倍スコープ
8倍スコープ
15倍スコープ

↑トップに戻る
■その他
矢筒(クロスボウ)
リロード速度を短縮

↑トップに戻る

4ページ目の防具やバッグも大切です!


◆防具
ヘルメットベストバッグその他

■ヘルメット
バイクヘルメット(レベル1) ダメージ減衰率:30%
ミリタリーヘルメット(レベル2) ダメージ減衰率:40%
スペツナズヘルメット(レベル3) ダメージ減衰率:55%

↑トップに戻る
■ベスト
警察ベスト(レベル1)ダメージ減衰率:30%
警察ベスト(レベル2)ダメージ減衰率:40%
ミリタリーベスト(レベル3)ダメージ減衰率:55%

↑トップに戻る
■バッグ
バックパック(レベル1)容量:+150
バックパック(レベル2)容量:+200
ミリタリーバックパック(レベル3)容量:+250

↑トップに戻る
■その他
ギリースーツ
Air Dropからのみ入手可能なアウター。草を模したもので、カモフラージュ効果が高い。

パラシュート
降下時に装備しているパラシュート。降下前や降下中に外すことはできない。

ユーティリティベルト
初期から所有している装備。容量:+50

↑トップに戻る

5ページ目ではアイテムを解説!


◆アイテム
治療キット
瞬時にHPを最大まで回復

応急処置キット
瞬時にHPを75まで回復。体力75以上では使用できない

包帯
8秒かけてHPを10回復する。体力75以上では使用できない

アドレナリン注射
ブーストゲージを最大にする

鎮痛剤
ブーストゲージを60上昇させる

エナジードリンク
ブーストゲージを40上昇させる

ガソリンタンク
車の燃料を補給

6ページではバイクから船まで乗り物を紹介!


◆乗り物
バイク(2人乗り)
最高速:150km/h


本作中で最も最高速が高い乗り物。後部座席は片手で射撃ができる武器を装備し、発射することができます。また、バイクに限り、タイヤのみを破壊することが不可能です。

バイク(3人乗り)
最高速:137km/h


サイドカーの付いたバイク。後部座席は2人乗りバイクと同様で、サイドカーは武器の種類を問わず使用することができます。

バギー
最高速:91km/h


後部座席付きのバギー。運転席は鉄パイプと後部座席のシートに囲まれており、比較的攻撃を受けにくいですが、後部座席は1段高いことや、バイクに比べてスピードが遅いことなどが重なり、非常に危険です。また、オープンホイールのため通過時にタイヤを抜かれやすいのも欠点。また、Shiftキーでブーストを行うと加速力が上がりますが、バギーに限り最高速は上がりません。

ダチア
最高速:116km/h


4人乗りセダン。トルクが非常に弱く、山道には向いていませんが、舗装路や平地では安定して高速で走行することが可能です。ちょっとした段差で車を転がすこともあるため、高速での段差飛び越えには注意が必要です。

UAZ(ロールバー)
最高速:95km/h


山道に非常に強いジープ。シートの周りをロールバーで囲った最も弱いタイプで、通過時や遠距離でヘッドショットを狙われることが多いため、できれば後述の幌や鉄板のタイプで移動したいところ。しかし、徒歩よりは遥かに安全とも言えます。

UAZ(幌)
最高速:95km/h


ジープ派生系その2。幌が装備されており、乗っている位置や人数がわかりにくいという特徴があります。鉄板のものと比べると防弾効果はないため、無理な運転は禁物です。

UAZ(鉄板)
最高速:95km/h


ジープ派生系その3。鉄板の天井が付いており、防弾効果もあるため、最も死ににくいタイプです。一方、防弾とはいえ当たり判定があるため、車に被弾した分耐久値が減っていくため、死ににくいですが車の破壊率は高くなるため注意が必要です。

ボート
最高速:91km/h


唯一水上を走行可能な乗り物。泳ぐよりも速く安全に移動できますがフルオープンなため、熟練したプレイヤーはアサルトライフルやスナイパーライフルで撃ち抜くこともできます。そのため、撃たれた場合は蛇行運転などで、極力被弾を避ける必要があります。

7ページではマップ主要ロケーションを大解剖!


◆マップ解説
■Zharki(ジャルキ/通称:ザラキ)
小さい町ではあるものの、1SQUAD分であればそれなりに間に合う程度に物資があり、車の湧きポイントも多いため、移動にも苦労しにくい町。

■Severny(セヴェルニ/通称:セヴェ)
小さい町ながらも住宅数が多く、物資も豊富な部類。ただし、プレイヤーが集まりやすいことや、周りがなだらかな山になっているため、隣接するShooting Rangeを漁り終わったプレイヤーが襲いに来る可能性もあり、戦闘頻度は高め。

■Shooting Range(シューティングレンジ)
Severnyの南西にある射撃場。比較的武器は多いものの、運が悪いとほぼ武器がない状態でスタートを強いられるポイント。左右に防空壕のような入口があり、その中にも装備類があります。

■Stalber(スタルバー)
北東の山頂に位置し、調整により複数人で降りても武器がそれなりに集まるようになった町+遺跡。山を下って北や南に行ってもさらに物資が比較的安全に得られるため、好むプレイヤーは一定数存在。しかし、戦闘が発生すると遺跡の入り組んだ場所や斜面を使った戦闘になるため、位置取りがキモになります。

■Kameshiki(カメシキ)
北東の町。住宅数も多いわけではないものの、それなりに物資が得られるポイント。そのまま南下して回収しながら移動することができるため、選択肢としては十分にありうるものの、北東の端ということと、車の湧きポイントがそこまで多くないため、移動は難しめ。

■Georgopol(ジョージオポル、ジョージョポル/通称:ゲオ、ジョージ)
北と南の町が橋で繋がれている大都市。北側はマンション、東側に警察署や大使館といった大きめの建物が多く、住宅同士の戦闘も起きやすく部類です。一方南側は、複数に分かれた住宅街やHospital、東側のコンテナなどに分かれているものの、装備次第では反対側の町からも攻撃することが可能なので注意が必要。戦闘頻度はかなり高めなので、安全に行きたい場合は周りの状況を注意深く見る必要があります。

■Hospital(通称:病院)
Georgopolの南に位置し、北と南の2棟に分かれた施設で。物資量は1施設としてはかなり多めというのもあり、多くのプレイヤーが好むロケーション。状況次第で北と南のどちらに行くこともでき、車も周囲に比較的多く湧くため、離脱や移動も簡単です。

■Ruins(ルーインス/通称:遺跡)
一部のプレイヤーに人気なスポット。慣れているプレイヤーにとっては序盤からさっと漁って移動がしやすいポイントで、さらに身を隠しやすいですが、初心者にとってはおすすめしにくいところです。

■Rozhok(ロジョーク/通称:ロズ)
川沿いにあり、道路を挟んで北と南に分かれている町。中央北側に位置していることもあり、プレイヤーが集まりやすい反面、そこまで多くのプレイヤーを許容できるほど広くはないため、戦闘は多め。さらに、SchoolやSchool東側のマンション群から来ることが多く、南側の山の上にある給水塔からは攻撃されやすいため、守るのが非常に難しいのも特徴。

■School(スクール/通称:学校)
中央かつ豊富な物資、さらに東側のマンション群やRozhokを襲いやすいというロケーション。どのモードでも非常に多くのプレイヤーが集まり、降りた直後から戦闘が頻発するホットスポットなため、戦闘に慣れていないプレイヤーには全くおすすめできません。一方で、戦闘に慣れているプレイヤーとしては、安定して多くの物資を回収でき、さらにどの範囲になっても移動がしやすいというロケーションでもあります。

■Yasnaya Polyana(ヤスナヤ・ポリアナ/通称:ヤス)
東側に位置する大都市。マンション、アパート、住宅街に加え警察署と大使館まで揃った、Georgopolと対を成す大都市。2階建て以上の住宅が多く、高所を取ったり隠れて詰めたりと様々な先方が取れる一方、隠れて離脱することもできるため、敵を見失うことも多々あります。

■Mansion(マンション)
鉄柵に囲まれた集落。北や東に移動することで、車や物資が確保しやすく、Prison前にも車が多数湧くため、大都市は避けたいものの物資はそれなりに欲しいといった場合にはおすすめ。

■Lipovka(リポフカ/通称:リポ)
東端にある町で、船と車が多数湧くため移動がしやすいロケーション。町の中には倉庫やガレージなどがあり、さらに家も多いため、物資は規模としてはかなり多め。しかし、離脱方法が少ないこともあり、非常に戦闘が起きやすく、戦闘を避けたプレイヤーが車で来ることもあるため、想定外の急襲を受けることも。

■Gatka(ガッカ)
物資が豊富な集落。ここを起点にして周囲へ移動するのもでき、田舎の大人気スポット。周囲の集落に降りたプレイヤーが逆に来ることも多いため、常に周囲を警戒して物資漁りや移動を行いたいところ。周囲には車の湧きポイントも比較的多く、移動に困ることはそこまで多くありません。

■Pochinki(ポチンキ/通称:ポチ)
『PUBG』大人気スポットその1。どうやっても戦闘が発生するぐらいに人が集まり、過酷な戦闘生き抜いたプレイヤーは「ポチンキング」を名乗ることも。物資は豊富なものの、移動手段に関してはかなり乏しい部類。さらに車だけ奪って離脱するプレイヤーもおり、敵が何人いるかをできるだけ把握しておかなければなりません。

■Shelter(シェルター)
地下空間とトンネルを繋ぎ合わせた地下シェルター。一部のプレイヤーに人気があり、離脱後は近隣の集落や倉庫を漁ることも可能。装備次第では東側のPrisonを襲うこともでき、車があれば遠出して他の町で行くこともできるロケーションです。

■Prison(プリズン)
崖に囲まれた刑務所。倉庫や家、警察署で構成されており、北側の道路には車の湧きポイントが豊富で、移動もあまり困ることがない。また、ゲーム後半のエリアに入っていると、南側の崖に身を隠すことができるため、山の上は大人気スポットとなるのも特徴。物資量としては少なめ。

■Quarry(クアリー/通称:採掘場、採石場)
当たればそこそこ、外れれば物資がほぼないという、運に左右されやすいロケーション。SoloやDuoでは十分な物資を入手することができるものの、SQUADでは近隣で分かれないと少し厳しい状況に。また、すり鉢状になっているため、特に北側に降りたプレイヤーが移動してきて、山の上から一方的に攻撃してくるというパターンも多めなため、長居はあまりおすすめできません。

■Primorsk(プリモルスク/通称:プリモ)
本島の南西に位置する町で、中程度の人気。物資量としては良い部類で、大都市でないにも関わらず、序盤からフルカスタムの武器2本がそれぞれに割り当たる程に入手できることも多々あります。また、船が多く湧いているものの、車は周囲でもそこまで湧きポイントが多くなく、内陸への移動のしやすさは運に左右されるのが不安点。特に北東にエリアが寄ってしまった際には、相当苦労することとなってしまいます。

■Ferry Pier(フェリーピアー/通称:フェリー)
Primorskの東側にあるフェリー埠頭。複雑に入り組んでいることもなく、物資もそれなりに多いため、初心者向きなロケーション。埠頭だけでなく西側の海岸にも船があるため、船に関しては大量と言っていい程にあるものの、車に関しては少なめなので、移動は早めにしておきたいところ。

■Farm(ファーム)
Mylta西にある集落。北、南、東の離れの3区画で構成されており、周りからも攻めやすいため、少し注意が必要。他の場所へ徒歩で移動することも楽で、Myltaへ襲いに行くこともできるため、選択肢を多く取れます。道路からも少し離れているため、移動手段に関しては乏しく、ファーム単独での物資量も多くないのが欠点。

■Mylta(ミルタ)
道路を挟んで北と南に分かれている町。東側にはMylta Powerもあり、物資量は豊富で移動手段もそれなり。田舎に降りたプレイヤーが後から来ることや、Mylta内での戦闘は比較的多いため、降りた直後からはきっちりと周りの状況を把握しておかないと難しい状況に。南側の海岸には船も湧くため、ミリタリーベースへの移動も楽々。

■Mylta Power(ミルタパワー)
工場と発電所の2箇所があります。どちらも物資が豊富で人が集まりやすく、周りに集落もあるため序盤から豊富な物資を手に入れることができます。さらに車も豊富に湧くため、移動手段でも困ることが少ないですが、ここに降りるプレイヤーは多め。また、Mylta方面で車を取って移動してくるプレイヤーも多くいるため、注意が必要です。

■Sosnovka Military Base(ソスノフカ・ミリタリーベース/通称:ミリベ)
『PUBG』大人気スポットその2。最悪の場合、自分の真横で同時に他のプレイヤーが着地するという状況もある程。物資も豊富で移動手段も豊富ですが、本島になった際には移動手段を考えないと、東西にある橋で待ち伏せられ、検問を行われて死ぬことも。戦闘に自信があるプレイヤー向きで、初心者向きではありません。

■Novorepnoye(ノヴォレプノイェ/通称:ノヴォ)
ミリタリーベースの東側にあるコンテナ埠頭+町。物資量も多く、降りるプレイヤーも多いですが、移動手段はそこまで多くありません。北と南の海岸に船が湧くため、車でなく船でエリア最寄りまで移動するという選択肢もあります。


大都市である、Georgopol、Yasnaya Polyana、Pochinki、Mylta、Sosnovka Military Baseには人が集まります。特にPochinkiやSosnovka Military Baseは、どんなルートでも行くプレイヤーがいる程度には人気です。また、Georgopolは北と南に分かれており、面積も広いためルート次第では半分程度のプレイヤーが集まることも。また、一部の都市は車の数が少なく、範囲が外れた際に移動に相当苦戦することもあるため、車の確保が重要になるポイントもいくつかあります。

8ページで立ち回りとTipsを知ってドン勝を食べよう!


◆立ち回り
・慣れていないうちは田舎暮らしをしよう
大都市は人が多く集まりやすく戦闘も起きやすいホットスポットになりがちです。慣れないうちは戦闘に負けることも多く、また、地理的な知識も不足しているため、有利を取ることも難しいです。そのため、人が比較的少ない、街から外れた田舎へ行くことで、不必要な戦闘を避けつつも装備を集めることができます。慣れてきたら大都市に行き、序盤から積極的に敵と当たらないように物資を漁ったり、敵を倒す練習などをしてみても良いかもしれません。

・中盤からはエリア中央付近の建物か外周を狙い、持っている装備とスコープでポジションを考えよう
中盤からは人が減り、より安全地帯も狭くなるため、家を取ることが難しくなります。家を取れたとしても、当然家を狙ってくるプレイヤーも増えてきます。そのため、外で隠れて待つにはスコープができれば欲しいところですが、運悪く入手できないことも多々あります。そういった時には、自分の装備(ARやSRがあるか、高倍率のスコープがあるか)と、行きたい場所で戦って勝てるかどうかを考えて、位置取りを行いましょう。エリア中央であれば次のエリアに入りやすくなり、エリア外周ギリギリであれば、必死に走ってくる敵を倒すことができます。

・必要な時は悩まず敵を倒そう
特に日本人は非戦闘的な傾向が見られますが、本作においてはそれは正解であり、間違いでもあります。0Killでもドン勝は食べられますが、必要な時に敵を倒してライバルを減らすことで、よりドン勝を食べやすくなるのも事実です。縛りプレイをしているのでなければ、倒される前に倒す方が、順位を少しでも上げることができます。

・『PUBG』は左壁有利、右壁不利
FPSなどのシューター系タイトルでは概ね右壁(右側に壁がある状態)が有利になっていますが、『PUBG』ではリーンの際に体を大きく晒すことになるため、左壁の方が有利になります。敵がどちら側から覗いているか、自分がどちら側から覗くことになるかを考えながら、戦い方を考えましょう。

・窓の柵やフェンス越しに乱射は禁物、豆粒の敵を狙うのも弾の無駄に
ついつい敵が見えると倒したくなるもの。しかし、窓の柵やフェンスには当たり判定があり、いわゆる「弾が吸われる」状態になります。そのため、撃った弾が敵に当たらず、敵に位置がバレた上にリロードが必要になり負ける可能性も高くなります。できるだけ確殺できる状況を待ってから撃ち始めましょう。また、同様に遠距離の敵を不必要に撃つのも、位置バレのリスクが高まる上に、倒したとしても物資を回収できなかったり、回収するまでに別の敵と戦闘になる可能性もあります。時には戦わない選択も重要です。

・嵐や霧では音や視覚でより優位を取ろう
嵐や霧といった悪天候下では、通常の晴れや夕方と言った天候よりも、遥かに音や視覚面の影響が大きくなります。そのため、コンペンセイターは使わず、フラッシュハイダーやサプレッサーを装着することが重要になります。特に霧では通常よりも敵と近づきやすいため、サプレッサー付きのアサルトライフルはもちろん、サプレッサー付きUMPやVSSなどが光ります。

◆Tips
・包帯は巻き終わってから約4秒、もしくは、3ゲージ分回復してから巻き始めると、最小の包帯使用量かつ最速で回復することができます。

・治療キット以外は最大HPの75%までしか回復しません。それ以上回復するには鎮痛剤やエナジードリンクが必要になりますが、その25%で戦闘に負けることがあるため、積極的に回復していくことが大事です。

・ブーストゲージは高くなればなるほど回復量が増えます。特に後半で余裕があれば、ブーストゲージを高めに保っておくと良いでしょう。

・ブーストゲージはエナジードリンクで40%、鎮痛剤で60%、アドレナリン注射で100%回復します。が3ゲージ(61%)以上になると足が速くなり、4ゲージではさらに足が速くなるため、HP回復だけでなく、その場を速く駆け抜けたい際にも有効です。

・インベントリを開いてドラッグ&ドロップでアイテムを拾う際には、下から拾って行くとアイテムが詰められてずれることがなくなるため、効率良くアイテムを取ることができます。また、WASDで微妙に動きながら拾うことで、敵にヘッドショットをされる確率も減るのでおすすめです。

・車から降りる際には30km/h以下なのを確認してから降りましょう。30km/h以上で降車すると、ダメージを受けたり最悪死ぬことになります。

・家の窓を割ると、壁際まで寄ってもADSすることが可能になり、より敵を倒しやすくなります。一方で窓が割れていることで、その家で待ち構えていると気付かれる場合もあります。状況に応じて割る・割らないといった選択をしましょう。

・銃の反動を抑えて敵を倒しやすくしたいのであればコンペンセイター、マズルフラッシュを消して極力位置をバレないようにしたいのであればフラッシュハイダーがおすすめです。しかし、中上級者は音の位置で敵を探索するため、必ずしもフラッシュハイダーであれば最適というわけではありません。また、フルオートでのリコイル制御は難しいので、数発ごとに指切りをして乱射しないことや、単発で連射をするのがおすすめです。

・ADS中にShiftを押すと息を止めて手のぶれを押さえることができます。ただし、肺のアイコンのゲージが減っていき赤くなると、ゲージが回復するまでは走ったりすることができなくなるので注意が必要です。

・伏せているとバレにくいと思いがちですが、意外にも音は出ているもの。しゃがみ歩きが最も音を抑えられるので、状況に応じて移動方法を変えましょう。

・家に詰める、家で待ち伏せるにも、音は最も判断に重要な要素です。無闇やたらと動いていては自分の位置をバラしているだけのようなもの。しゃがみ歩きで音を抑えたり、体を隠してフリールックで窓越しに周りの様子を伺うなどのテクニックを使いましょう。

・角やドア付近では、リーンで先に確認をしてから突入するのがおすすめです。腰だめ状態でQ/Eを押すことで右寄り・左寄りにカメラを変更できます。

・Lv3ヘルメットやLv3ベストを敵が装備していると非常に怖いもの。しかし、首や手足はヘルメットやベストの判定がなく、また各種Lv3防具越しのダメージよりも大きいダメージを与えることができます。狙うのは難しいかもしれませんが、可能であれば狙ってみてもいいでしょう。腕に自信があるのであれば、ひたすらヘルメットを狙って飛ばしてやりましょう。

・腰だめは少し集弾率が良くなり、ADSはサイトを覗くため周囲の情報が少しわかりにくくなるなどのデメリットはありますが、最も精度が上がる射撃方法です。状況に応じて撃ち方を変えるのがベストですが、可能であればADSできっちりと狙っていきましょう。

・焦れば焦るほどaimが雑になり、敵に当たらなくなります。どんな状況でも落ち着いて狙うことを意識しましょう。

・不利な状況で無理をすると大抵負けます。戦闘を避けたり、有利な場所までなんとか逃げ込むことで、逆に有利を作れる場合もあります。撃たれたら即応戦する必要はありません。

・ショットガンは近距離であれば、ジャンプしながら撃つ事で塀越しに敵を倒すことができます。ジャンプショットを使いこなせると、近距離戦闘がよりやりやすくなります。

・投げ物(グレネード系のみ)はクリック長押しでピンを抜いた後、Rでレバーを外すことができます。レバーを外した時点から5秒後に爆発するので、目標までの距離を計算して溜めて投げると、敵が逃げる間もなく倒すことができます。ただし、持ちすぎると自爆するので注意。

・服装はコレクション要素の一部ですが、大きな効果を発揮します。自分の好みに振るのも良いですが、カモフラージュ系の方が多少なりとも見つかりにくくなります。素肌や黄色いトラックスーツは平原ではかなり見つかりやすいですが、小麦畑や枯れた山肌では案外見つかりにくくなります。伏せてみて見つかりやすいと感じたら、服を脱ぐのも効果的です。

・パラシュートは真下に向いて進むことで最大234km/hで降下することができます。この状態でパラシュートを自動で開くことで、140~150km/h程度から落下を開始することができ、最速で降りることができます。また、即パラシュートを開くことで2.5~3km程先まで進むこともできますが、一定距離以上は車を拾って向かった方が早くなります。

・バイクは空中で姿勢を制御することができます。Q/EとCtrl、Spaceで前後左右に姿勢を補正することができます。変な方向に身体が向いてしまった時に使うことで、無傷で降りることができる場合もあります。

9ページでは、わかりにくいスコープの読み方、ゼロインを解説!

ゼロイン(零点距離)と正しい射撃方法
ゼロイン(零点距離)とは、ゼロインが100mであれば、100m先の目標に、中心点の位置で着弾することを指します。弾丸は重力に引っ張られて下へ落ちていくため、距離が伸びれば伸びる程、よりスコープで上を狙わなければ正確な射撃はできません。そのため、ゼロインを調整し、より射撃を簡単にすることができます。また、一部のスコープにはインジケーターが付いているものもあり、それを使ってゼロインを変更せずに射撃することも可能です。詳しくは以下の項にて解説します。

基本的に高倍率のスコープでなければインジケーターは付いておらず、レッドドットやホログラフィックサイトといった等倍サイトや、2倍スコープでは、インジケーターなしで着弾点を修正することになります。一方、4倍スコープ以上のスコープではインジケーターがついていますが、本作では5.56mm弾と7.62mm弾で重さが違うことが考慮されており、さらに同じ弾種でも銃によって弾速が異なるため、より長距離の射撃では差が大きくなります。また、重力が影響しているため、自分より高いところや低いところに向かって射撃する、撃ち上げや撃ち下ろしでもさらに着弾点が変化します。

正しい射撃方法としては、1発目を撃って外れた場合は、どちらにどれだけずれたかを確認して、その分だけ照準を上下左右にずらしたりゼロインを調整して、2発目以降で敵に当てるようにするというもので、これを「偏差射撃」と言います。とはいえ、本作では基本的に視界内での戦闘になることや、撃たれた場合に隠れることができるため、できるだけ速く正確に敵に当てる必要もあります。中上級者であれば、感覚でずれた分の修正を行えますが、慣れないうちはただ連射するだけでなく、どこに着弾したかを確認する癖をつけることを優先した方が良いでしょう。例えば、走っている敵を撃った際に、敵の前に着弾すればより敵寄りに、敵の後ろに着弾すればより敵の進行方向に照準を修正する、というのを無意識に出来るようになれば、プレイヤースキルが上がったと言えます。


マップでの距離の読み方
マップは黄色いグリッドと白いグリッドに分かれており、黄色いグリッドは1kmを指します。その中は白いグリッドで10等分されているため、白いグリッドは100mを表します。


スコープの見方
2倍スコープ

クリックで拡大
2倍スコープは、中心点とその周りに円が描かれています。外円の上下に敵の姿が接する状態だと、敵との距離が100m、中心点から上または下の円に接する状態で200m、中心点と上または下の円の半分までの間であれば300mの距離と判定することができます。


4倍スコープ


4倍スコープの読み方については上の動画で解説されていますが、かいつまんで解説します。

まず、多くの場合、スコープのレティクルに記載されている数値を元に射撃を行いますが、本作の場合は数値通りには行かなくなっています。さらに、5.56mmのアサルトライフルと7.62mmのアサルトライフル(AKM)では異なるので、さらに正確な射撃を行うのは大変です。

クリックで拡大
5.56mmのアサルトライフルでは、矢印の上部で100m(中央点)、矢印の内側上部で200m、縦線の最上部が400m、4の数値の部分で600mに相当します。

クリックで拡大
7.62mmのアサルトライフル、AKMでは、矢印の上部で100m(中央点)、矢印の内側上部で200m。ここまでは5.56mmと変わりませんが、縦線の最上部で300m、4の数値の部分で400m、さらに下の線の500mの横線の部分で600mに相当します。


8倍スコープ


Kar98kの8倍スコープについても上の動画で解説されていますが、こちらも同様にかいつまんで解説します。

クリックで拡大
画像には記載していませんが、中央点で100m、縦線の上部付近で200mとなります。さらに中央点と1本目の横線の中央が300m、それと1本目の横線の間が400m…と文章に起こすと読みにくいので詳しくは画像を参照して下さい。8倍スコープは4倍スコープと違い、きっちりとした位置で偏差射撃を行えるわけではないので、少し難しいです。


VSS

クリックで拡大
中央の逆三角から順に100m、200m、300mと刻まれています。また、スコープ下部には途切れた曲線が描かれていますが、下の線に足を合わせた状態で、1.7と書かれた線が立った状態、1.0と書かれた線がしゃがんだ状態で、左から100m、200m、300m、400mの距離を測ることができます。なお、逆三角形を同じように刻んだと仮定してaimsすると、500m程度まで狙撃することが可能です。


クロスボウ

クリックで拡大
弾速が遅いため当てるのが非常に難しいですが、中央点が25m、そこから50m、100m、200mまで狙うことができます。


以上、いかがでしたか?『PUBG』は実力だけでなく、運も味方に付けなければドン勝を食べることは難しいゲームです。しかし、Soloでの生き残りの楽しさだけでなく、DuoやSQUADでの仲間との連携も奥が深く、上手いプレイが出来た時の達成感は中毒性があります。是非このガイドを読んで、ドン勝を目指して下さい!
(更新日:2017年11月17日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME