top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

能年玲奈のノリツッコミが最高!「海月姫」(2014)

エンタメウィーク(映画)

能年玲奈のノリツッコミが最高!「海月姫」(2014)(C)エンタメウィーク(映画) テレビアニメ化もされた東村アキコの人気コミックを、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の能年玲奈主演で実写映画化。幼いころからクラゲに憧れて生きてきたオタク女子・月海は、男を必要としない人生を目指すオタク女子集団「尼~ず」が暮らす男子禁制のアパート「天水館」で、それなりに楽しい毎日を送っていた。

解説

テレビアニメ化もされた東村アキコの人気コミックを、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の能年玲奈主演で実写映画化。幼いころからクラゲに憧れて生きてきたオタク女子・月海は、男を必要としない人生を目指すオタク女子集団「尼~ず」が暮らす男子禁制のアパート「天水館」で、それなりに楽しい毎日を送っていた。ある日、行きつけのペットショップでひとりの美女と出会った月海は、その正体が女装趣味のイケメン・蔵之介であることを知る。月海の心配をよそに、蔵之介は自分が男であることを隠して天水館に出入りするように。そんな中、尼~ずの心の拠り所である天水館が、土地再開発による取り壊しの危機に陥り……。能年が三つ編みにメガネのオタク姿で主人公を演じるほか、池脇千鶴、篠原ともえ、長谷川博己ら豪華キャストが個性豊かなキャラクターたちを演じ、若手実力派・菅田将暉が蔵之介役で女装姿を披露する。監督は「のだめカンタービレ 最終楽章」の川村泰祐。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

笑角亭 福さんの評価 ★★★★☆

『タラレバ娘』などで知られる人気漫画家・東村アキコによる原作の実写版。クラゲが大好きなオタクの主人公、月海を能年玲奈(のん)が演じ、彼女を表舞台に引っ張り上げる女装美男子を菅田将暉が演じたことで話題になりました。漫画でもノリツッコミが激しくて会話のコメディ色が強い感じですが、実写版でもそのテイストはしっかり描かれていて、もうそれだけでも大満足!月海の同居人たち、通称尼〜ずもビジュアルからなにから原作に忠実すぎてやばいです。特に人気モデルとして活躍する美女の太田莉菜さんが三国志オタクのまややを演じきっていて、脇役だけどインパクト大。天水館を男子禁制にした張本人の目白がまさかの滝藤賢一だったのにも笑いました。ドラマ版に比べて、話がコンパクトにまとまっているからテンポが良くて見やすいです。とくに菅田将暉は本当に何にでも化ける俳優だなっていうのを、本作で実感しましたね。下手したら女性よりも女性らしいというか……。そして彼の兄であり、月海に恋をする長谷川博己が可愛すぎて隠れヒロイン!自分らしくいることが素敵なんだなって思えるポジティブムービーで、観終わった後気持ちよかったです。


「海月姫」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル