無理なダイエットが女性らしさを低下させる?

無理なダイエットが女性らしさを低下させる?
●無理なダイエットは女性ホルモンを減らすことに!?  結婚しても出産しても、年を取っても、いつまでも女性らしさを忘れたくない! そのために不可欠なものといえば、女性ホルモンでしょう。

 妊娠、出産を行うのに必要であるほか、キュッと締まったくびれやふっくらしたバストなど、いわゆる女性らしさを生み出してくれるものでもあります。さらにコラーゲンづくりをサポートして肌をつやつやにしたり、骨の密度をキープしたり、肥満を防いだり……。

 そんな女性ホルモンですが、年齢とともに減っていくというのはご存じのとおり。20代後半をピークに、静かに下り坂に向かっていきます。そのスピードが加速するのが38歳ぐらい。「肌の質感が変わったかも」「太りやすくなった」といった変化を感じるものです。

 とても大切な女性ホルモンですが、なんと無理なダイエットを行うと、さらに減りやすくなるのです。

●人間の身体は“生きる”を優先させるようにできている

 女性ホルモンは体のなかでつくられていますが、その材料はコレステロール。どちらかというとネガティブなイメージがありますが、とんでもありません。ホルモンづくりはもちろん、人間の身体にある60兆個もの細胞膜をつくる材料となったりと、大事な役割をになっているのです。

 そのコレステロールのスタートは、アセチルCoAという物質から。食べ物に含まれる糖質、脂質、タンパク質からつくられ、コレステロールづくりに以外にもたくさんの仕事をこなしています。その仕事の数、なんと約140。なかでも大仕事に数えられるのが、身体を動かすエネルギーをつくることです。

 そのため「太りやすくなったから」と食べる量を減らしてしまうと、アセチルCoAの量も目減りしてしまいます。すると身体は、少ないアセチルCoAを、身体を動かすエネルギーのために優先的に回そうとします。

 となると、コレステロールを体内でつくる量も減り、当然、女性ホルモン量も影響を受けることになるのです。ちなみにアンチエイジングで知られる栄養素、コエンザイムQ10も、アセチルCoAからつくられていますので、こちらも減ってしまうことに。

いつまでもきれいでいるための努力が、逆に女性らしさを失わせる原因になってしまうなんて、悲しいことですよね。そのためにもダイエットはほどほどに。必要なものはおいしくいただいて、ヘルシーな女性らしさを目指しましょう!

<参考文献・サイト>
・『女性ホルモンがつくる、キレイの秘密』(松村圭子著/永岡書店)
http://pega-net.com/coenzyme/
http://www.jmi.or.jp/qanda/bunrui3/q_045.html
http://www.hoken8dogs.jp/column/vol01.html

更新日:2016年4月6日
提供元:日刊ホントの話 for スゴ得

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME