top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

史上最大のハリケーンに立ち向かえ!「ワイルド・ストーム」(2019)

エンタメウィーク(映画)

史上最大のハリケーンに立ち向かえ!「ワイルド・ストーム」(2019)(C)エンタメウィーク(映画) 「ワイルド・スピード」「トリプルX」のロブ・コーエン監督、巨大ハリケーンの中で強盗を企てる悪党たちを描いたクライムアクション。アメリカ西海岸に史上最大規模の巨大ハリケーンが迫り、住民たちが避難する中、大災害の混乱に乗じて、ある犯罪計画が進行していた。それは武装集団が財務省の紙幣処理施設を襲撃し、6億ドルにもおよぶ現金を強奪するという前代未聞の計画だった。

解説

「ワイルド・スピード」「トリプルX」のロブ・コーエン監督、巨大ハリケーンの中で強盗を企てる悪党たちを描いたクライムアクション。アメリカ西海岸に史上最大規模の巨大ハリケーンが迫り、住民たちが避難する中、大災害の混乱に乗じて、ある犯罪計画が進行していた。それは武装集団が財務省の紙幣処理施設を襲撃し、6億ドルにもおよぶ現金を強奪するという前代未聞の計画だった。施設のセキュリティ担当であるケーシーと、最強の性能を誇る災害用特殊車両「ドミネーター」を操る気象学者のウィルは、猛烈な嵐が吹き荒れ、銃弾が飛び交う過酷な状況下、計画阻止のために決死の大勝負に出る。ウィル役を「コントロール」「ロックンローラ」のトビー・ケベルが、ケーシー役を「96時間」シリーズのマギー・グレイスがそれぞれ演じ、「ハイネケン誘拐の代償」のライアン・クワンテン、「ウィッチ」のラルフ・アイネソンらが顔をそろえる。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

家族LOVEママさんさんの評価 ★★★★★

久々にこんな面白い映画観た、ってぐらい面白かったです(笑)。タイトルやなんとなく全体のイメージからB級映画かなって勘繰っていましたが、むしろ超A級映画。面白い作品の要素をこれでもかっててんこ盛りにした、まさに丼ぶり映画です。ハリケーンなどが題材のディザスタームービーって多く作られていますが、本作はその渦中に起こる「火事場どろぼう」がメインなのでまた新しい楽しみ方ができるのが良い。しかも主人公がハリケーンパートとヘイストパートで分かれていて、それぞれが良い役回りをしているのが素晴らしいです。映画の冒頭で竜巻によって父を亡くした兄弟の幼少期が描かれ、時は現在。再びそれ以上の規模の竜巻が上陸するとなったとき、気象学者になった弟と修理屋の兄がとある女性に手を貸します。そこからは彼女を主にしたヘイストが、それが終わると再びハリケーンに題材が戻って最後兄弟が立ち向かうという胸熱展開。もうどの部分を拾っても映画の見どころになるし、これが1時間半程度で収められているのだからすごい映画です。監督が「ワイルドスピード」の人なだけあって、カーチェイスや車の魅せ方、こだわりを感じるのも推せます。


「ワイルド・ストーム」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル