top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

三谷幸喜が手掛けるクライム・コメディの傑作「ザ・マジックアワー」(2008)

エンタメウィーク(映画)

三谷幸喜が手掛けるクライム・コメディの傑作「ザ・マジックアワー」(2008)(C)エンタメウィーク(映画) 港町・守加護(すかご)を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人に手を出してしまった備後は、命を助けてもらう代わりに伝説の殺し屋・デラ富樫を連れて来ることを命じられる。追い込まれた備後は三流役者の村田を雇い、映画撮影だと思い込ませて殺し屋を演じさせるが……。「THE有頂天ホテル」などのヒットメーカー、三谷幸喜が監督・脚本を手掛けるクライム・コメディ。キャストには佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里ら豪華な顔ぶれが集結。

解説

港町・守加護(すかご)を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人に手を出してしまった備後は、命を助けてもらう代わりに伝説の殺し屋・デラ富樫を連れて来ることを命じられる。追い込まれた備後は三流役者の村田を雇い、映画撮影だと思い込ませて殺し屋を演じさせるが……。「THE有頂天ホテル」などのヒットメーカー、三谷幸喜が監督・脚本を手掛けるクライム・コメディ。キャストには佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里ら豪華な顔ぶれが集結。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

家族LOVEママさんさんの評価 ★★★★★

三谷幸喜といえば、この作品という方も多いのではないでしょうか。個人的に彼の作品の中で一番好きです。マフィアのボスの愛人に手を出したことで命を狙われる男が、伝説の殺し屋を代わりに連れてくる。でも、その男が実はその辺の三流役者で、彼はマフィア相手に自分が演技をしているとは夢にも思っていない。マフィアも相手が殺し屋だと信じ込んで、そこで生じる行き違いというか勘違いが奇跡的に噛み合っていて面白い。その辺の設定が、ちょっと内田けんじ監督の「鍵泥棒のメソッド」に似ているかもしれませんね。結局どんな人間にも人生、一番輝く時間がある。そんなタイトルの意味を、それぞれのキャラクターを通して感じました。笑えるけど、ちょっといい話。セットの手作り感も非常に味わい深くて好きです。ちなみに、本作では元SMAPの香取慎吾くんが「THE有頂天ホテル」で演じた只野役としてカメオ出演しているのも必見です。なにより、一番の見どころともいえるのが三流役者演じる佐藤浩一がナイフを舐めるシーン。あの顔芸は日本映画史に残る爆笑名シーンです(笑)。深津絵里もとても綺麗だし、キャストそれぞれの長所が生きた軽快な映画で観ると楽しくなる!


「ザ・マジックアワー」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル