top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

田舎町で繰り広げられる少年少女の淡い恋模様「天然コケッコー」(2007)

エンタメウィーク(映画)

田舎町で繰り広げられる少年少女の淡い恋模様「天然コケッコー」(2007)(C)エンタメウィーク(映画) くらもちふさこの名作コミックを、「リンダリンダリンダ」の山下敦弘監督が実写映画化。自然豊かな田舎町を舞台に、少女の淡い初恋と成長を爽やかに描き出す。中学2年生の右田そよが通っているのは、小中学生合わせても生徒がたった6人しかいない分校。ある日そこに、東京からの転校生・大沢広海がやって来る。

解説

くらもちふさこの名作コミックを、「リンダリンダリンダ」の山下敦弘監督が実写映画化。自然豊かな田舎町を舞台に、少女の淡い初恋と成長を爽やかに描き出す。中学2年生の右田そよが通っているのは、小中学生合わせても生徒がたった6人しかいない分校。ある日そこに、東京からの転校生・大沢広海がやって来る。クールでとっつきにくい雰囲気の大沢に、そよは次第に恋心を抱き始め……。脚本は「ジョゼと虎と魚たち」の渡辺あや。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

家族LOVEママさんさんの評価 ★★★★☆

漫画家くらもちふさこさんの原作を、「リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘監督が映画化。島根県の小さな村で生きる中学生の主人公そよと、同じ学校に通う少年少女、そして転校生の大沢くんを中心にスローな田舎ライフが描かれます。この映画は観ているだけで和む。もちろん、自分の地元の田舎具合をバカにして都会に憧れを持つそよの気持ちや、都会から田舎にやってきた大沢くんの焦燥感といった、ひりつく部分もある。しかし、全編にわたって日々を満喫して過ごす子供達、そして周りの大人たちのささやかなやりとりを観ていると、とても安心するんです。おばあちゃんの家に帰ってきような、子供の時に踏み締めた道の感触のような。誰しもが記憶の奥に眠らせていた情景や感情を思い起こさせてくれる、そんな作品です。中学2年生、3年生という年齢だからこそ初々しく、しかし実直な主人公二人の恋の行方が可愛すぎる。山下監督はこういうのを撮るのが本当にうまい。そして主演を演じた夏帆と岡田将生がとにかく若い!夏帆にとって初の映画単独主演作品ですし、岡田将生に関しては、本作が本格的な映画デビュー作といっても過言ではありません。そんな二人のフレッシュな演技も見どころの一つですね。


「天然コケッコー」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル