top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

トランプ大統領から決して離れない「核の発射ボタン」撮った!

SmartFLASH

 元ホワイトハウス軍事局のトップ、ビル・ガリー氏が1980年に著書で明かした情報によると、中身はボタンではなく、4つの重大なファイルで構成されているという。

 

(1)通称「ブラックブック」。米国が核攻撃を受けたときの報復作戦用リスト
(2)緊急時に大統領が避難するための場所が書かれた極秘リスト
(3)緊急警報を担当する人物の名前が書かれた紙のファイル
(4)通称 “ビスケット” と呼ばれる、大統領の認証コードが書かれた小さなカード

 

 発射コードが伝達されると、国防長官の確認を受けたのち、2人1組の発射要員が初めてミサイル発射の鍵を回すことができるのだという。

広告の後にも続きます

 

 ちなみに「nuclear football」と検索するだけで画像が山のように出てくる。世界一危険なバックがどう運ばれているのか、簡単にわかってしまうのだ。

 

 もし奪われたら一大事であるが、このバック単体で核ミサイルを発射することはできない。

 

 なぜなら、発射コードが書かれたカードを肌身離さず大統領が持ち歩いているからだ。さらに、先述のメツカー氏の証言通りなら、2つのフットボールを同時に奪わなければならず、実現はかなり難しい。

 

 アメリカは現在、地上配備の核弾頭420発と、原子力潜水艦に搭載されている核ミサイル1000発を持っており、全体では7000発以上の核弾頭を保有しているとされる。

 

 世界で一番危険なバックは、世界一厳重に守られているのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル