top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

トランプ大統領から決して離れない「核の発射ボタン」撮った!

SmartFLASH

『写真:‎JMPA』

 

 アメリカのドナルド・トランプ大統領が11月5日に初来日した。安倍首相と一緒にゴルフや鉄板焼きを楽しんだり、天皇皇后両陛下と会見するなど、2日半の間に様々な公務をこなしていた。

 

 実は、公務中のトランプ大統領のそばを片時も離れないものがある。核兵器の発射ボタンだ。通称 “フットボール” と呼ばれる、重さ約20キロの黒革で包まれたジェラルミン製バック。軍の正装に身を包んだ5人の将校によって、交代で持ち運びされている。

広告の後にも続きます

 

 迎賓館では、トランプ大統領の後に続いた女性が “フットボール” を重そうに運んでいた。

 

 2016年8月、この核ボタンについてCNNが報じている。元将校のピート・メツカー氏は「実はもう一つのフットボールが副大統領の元にある。詳しくは明かせないが、フットボールの中には通信機器が入っている」と証言している。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル