top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

20歳に若返った毒舌おばあちゃんが大騒動!「あやしい彼女」(2016)

エンタメウィーク(映画)

20歳に若返った毒舌おばあちゃんが大騒動!「あやしい彼女」(2016)(C)エンタメウィーク(映画) 20歳の姿に若返ってしまった毒舌おばあちゃんが巻き起こす騒動を描いた韓国のヒット映画「怪しい彼女」を、「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」の水田伸生監督がリメイク。ヒロインの20歳の姿を多部未華子が、73歳の姿を倍賞美津子が演じる。女手ひとつで娘を育てあげ、自分の望む人生を送ることができなかった73歳の瀬山カツは、ある日、娘とケンカして家を飛び出す。

解説

20歳の姿に若返ってしまった毒舌おばあちゃんが巻き起こす騒動を描いた韓国のヒット映画「怪しい彼女」を、「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」の水田伸生監督がリメイク。ヒロインの20歳の姿を多部未華子が、73歳の姿を倍賞美津子が演じる。女手ひとつで娘を育てあげ、自分の望む人生を送ることができなかった73歳の瀬山カツは、ある日、娘とケンカして家を飛び出す。吸い寄せられるように1軒の写真館にたどり着いたカツは、そこで写真を撮り、店を出ると20歳の姿に戻っていた。かつての美しい姿を取り戻したカツは、髪型や洋服、さらに名前も節子と変え、新しい人生を楽しみはじめる。やがて商店街ののど自慢大会に出場し、昭和歌謡を熱唱して会場中を魅了した彼女に、夢見ていた歌手になるチャンスが舞い込む。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

家族LOVEママさんさんの評価 ★★★★★

オリジナルである韓国版を数年前に鑑賞して、とても気に入っていたので正直日本のリメイク版の出来が気になっていたわけですが……。オリジナルより面白かったです!多部未華子がここまで可愛く、彼女の魅力を最大に引き出した映画って感じです。ストーリーに関しては、細部にいたるまで韓国版とほぼ同じ。しかし、ただの二番煎じという印象じゃないのはキャストの演技力と、しっかり日本の家庭のあり方を描いているからだと思います。お婆さんパートを演じる倍賞美津子の演技もとても良い。「実際にこういうおばちゃんいるよなあ」という説得力があって、そんな彼女と娘の関係性も非常にリアルで共感できた。昔は子供のために自分の将来を犠牲にして、母親になるという覚悟を持つのが当たり前でした。しかし、男女雇用機会均等法ができてから、子育てだけではなく仕事も頑張りたいというキャリア志向の女性が増えたわけです。娘はまさにそっち側の人間だから、母が自分のためにやりたいことができない人生を送っていることに、正直イライラしちゃう。だからこそ最後、子の母親でいることが何にも勝らない幸せであることに気づくのが、泣けてしまいました。


「あやしい彼女」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル