top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

心温まるフランス産アニメ「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」(2015)

エンタメウィーク(映画)

心温まるフランス産アニメ「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」(2015)(C)エンタメウィーク(映画) 「アンジュール ある犬の物語」などでも知られるベルギーの絵本作家ガブリエル・バンサンの代表作「くまのアーネストおじさん」シリーズを映画化したフランス製長編アニメーション。大きくて無愛想なクマのアーネストおじさんと、小さなネズミのセレスティーヌが織りなす温かな友情を描く。腹ペコでゴミ箱をあさっていたアーネストおじさんは、ネズミのセレスティーヌを飲み込みそうになる。

解説

「アンジュール ある犬の物語」などでも知られるベルギーの絵本作家ガブリエル・バンサンの代表作「くまのアーネストおじさん」シリーズを映画化したフランス製長編アニメーション。大きくて無愛想なクマのアーネストおじさんと、小さなネズミのセレスティーヌが織りなす温かな友情を描く。腹ペコでゴミ箱をあさっていたアーネストおじさんは、ネズミのセレスティーヌを飲み込みそうになる。セレスティーヌは「私を食べなければ、かわりにあなたが世界で一番欲しいものをあげる」と提案し、食べられることを免れる。この出会いをきっかけに、アーネストとセレスティーヌの間には不思議な友情が芽生えていく。第86回アカデミー賞の長編アニメーション賞にノミネート。日本では12年のフランス映画祭で「アーネストとセレスティーヌ」のタイトルで上映されている。15年に劇場公開。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

アニメなら何でも見るさんの評価 ★★★★☆

ベルギーの絵本が原作のアニメ映画。全体が優しい線と水彩で描かれていて、観ているだけでほっこりする絵柄が優しい。ネズミとクマが共に忌み嫌い、住む世界を分けている。そのためネズミの女の子セレスティーヌは子供の頃から、クマとネズミが遊ぶ絵を描いては怒られていました。しかし、偏見も恐れもない彼女は大きくなってから熊の歯を盗むために地上に出て、そこでクマのアーネストと出会います。「クマはネズミを食べる」とセレスティーヌは脅されて生きてきたわけで、実はそんな事なかったりするのかな……と思ったら、余裕で彼女の事をアーネストが食べようとする。そういうブラックな部分が、ちょっと大人でさすがヨーロッパ絵本!と思いましたね。大人といえば、この二人の関係性もちょっぴり大人かも。彼らがのちに逃避行に出るのですが、アーネストはおじさん設定でセレスティーヌとは歳が離れている。だから時には保護者のような立ち位置で、でも時にはなんだか恋人っぽい雰囲気もあって、まるで「レオン」のマチルダとレオンのような二人だなと思いました。ネズミとクマ、体格も種族も違うけど、違う二人同士絆を深めてお互いを理解していく様子が素敵な一作です。


「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル