top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

尾野真千子「道端の草を食べた苦労も無駄ではなかった」

SmartFLASH

 

 11月1日放送の『トーキングフルーツ』(フジテレビ系)にて、女優の尾野真千子が、下積み時代のつらい経験を語っていた。

 

 MCの古舘伊知郎から、映画『起終点駅 ターミナル』で見せた、スナックのママ役が色っぽかったと褒められ、演技の秘訣を話す尾野。

 

広告の後にも続きます

「あれも、経験があるからなんです。あんまりお金がないときに、スナックでバイトしてたことがあって。働かせてもらったところで教えてもらったり」

 

 1997年に中学生で映画デビューしながら、本格的に女優として活動を開始したのは、高校卒業後。そこから芽が出るまでに時間がかかっており、売れない時代もあったのだ。

 

「30(歳)ちょい前くらいまでは……厳しかったですね。ほんとここ最近です、幸せな食卓を囲めるのは」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル