top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

日本映画の巨匠たちが選んだロケ地は今【小津・成瀬・黒澤編】

goo映画

執筆:Avanti Press

古い映画を観る楽しみのひとつに、今はもう失われてしまった風景を見ることが挙げられます。製作当時にはありふれていたのだろう日常の光景が、年月を経て、私たちの目にとても新鮮に映ります。日本映画史上に燦然と輝く名作のなかに残された、半世紀以上前の日本の風景を振り返ってみましょう。

小津安二郎監督『東京物語』~消えた「おばけ煙突」

2009年キネマ旬報発行『オールタイム・ベスト映画遺産200 日本映画篇』第1位、2012年英国映画協会発行『Sight & Sound』誌では世界の映画監督が選んだオールタイム・ベストで堂々1位と、国内外で今なお絶大な支持を誇る小津安二郎監督の『東京物語』(1953)

Story:広島・尾道で暮らす老夫婦、周吉(笠智衆)ととみ(東山千栄子)が、東京で家庭を築いている子どもたちに会うためはるばる上京する。しかし町医者の長男・幸一(山村聡)も美容院を営む長女・志げ(杉村春子)もそれぞれの生活に忙しく、どこか迷惑気味。居場所のない老夫婦を温かくもてなすのは、戦死した次男の妻・紀子(原節子)だけだった。それでも「満足した」とふたりが尾道に帰った数日後、子どもたちのもとに「母危篤」の知らせが届き……。

幸一の病院(兼自宅)は、足立区の東武伊勢崎線・堀切駅付近にあることがわかります。京成線荒川橋梁が見える河原に「平山医院 スグ此ノ土手ノ下」と書かれた看板があるように、家のすぐ裏は荒川。この土手でとみと孫が戯れていました。周吉は「東京の端のほう」とか「場末の町医者」などと言っていますが、当時、このあたりは新しい家族が移り住む新興住宅地だったそうです。

京成線荒川橋梁がかかる荒川河川敷(op2015/PIXTA)

幸一の病院によく志げが来ているところを見ると、彼女の営む「うらら美容室」も近距離、おそらく荒川と隅田川に挟まれた千住のどこかにあるようです。美容院のすぐ横を都電が走っており、近くには「お化け煙突」と呼ばれる有名な煙突が見えます。これは、今はなき千住火力発電所の煙突で、見る方角によって4本にも1本にも見えるためにそう呼ばれていたのだとか。五所平之助監督の『煙突の見える場所』(1953)はこの「お化け煙突」をモチーフにした作品です。

いまはなき東京電力千住火力発電所の「お化け煙突」。帝京科学大学千住キャンパス内にモニュメント有(IKUO/PIXTA)

そのほかにも、はとバスの車窓から見える皇居前から銀座、松屋デパート(中央区銀座3-6-1)の屋上から見た国会議事堂方面の風景、上野寛永寺の旧本坊表門(台東区上野公園14)など、当時の東京の様子をうかがうことができます。

上野寛永寺旧本坊表門(撮影:Avanti Press)

もちろん、故郷・尾道の海と山に囲まれた風情ある町並みや、周吉と紀子が並んでたたずむショットで有名な浄土寺(尾道市東久保町20-28)、老夫婦が出かける熱海の海岸線など、見どころがたくさんあります。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル