ローテンブルクの中世犯罪博物館は見所がいっぱい!【ドイツ】
ローテンブルクの中世犯罪博物館は見所がいっぱい!【ドイツ】
中世の面影を残す街、ドイツのローテンブルクには博物館の数はありませんが、時間があれば是非立ち寄ってほしいところがあります。

中世の面影を残す街、ドイツのローテンブルクには博物館の数はありませんが、時間があれば是非立ち寄ってほしいところがあります。

それが中世犯罪博物館!ここには中世の処刑や拷問に使われた道具や、当時のドキュメントがたくさん残されています。



拷問、処刑、と聞くと、少し怖い印象がありますが、中世ではどんなふうにどんな理由で処刑されていたのかがとてもよくわかるんです。中にはブサイクなお面をかぶって街中を歩かなければならない、なんていう罰もあり、そのお面にちょっと笑ってしまいます。

浮気をしたらこんな罰、盗みをしたらこんな罰、というのが、今からでは考えられないくらいの不思議な罰だったりするので、意外な発見がたくさんあります。




そしてここの目玉は何と言っても鉄の処女(アイアンメイデン)!ここでは写真は載せませんが、中にとげをたくさん施してある鉄製の人形は、やはり迫力があります。

各展示物には日本語での説明もあるので、中世ドイツの歴史がとてもよくわかります。建物自体もとても雰囲気がありますので、是非行ってみてくださいね!
(更新日:2017年11月11日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(おでかけ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME