top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

オノデラユキ FROM Where

OBIKAKE

1993年に渡仏したオノデラは、1995年に発表した「古着のポートレート」シリーズで注目を集め、以来、写真表現の可能性と領域を拡張する実験的な作品を次々と手掛けてきました。
「古着のポートレート」は、クリスチャン・ボルタンスキーの個展「Dispersion(離散)」(1993年)で展示されていた古着を10フラン払って袋一杯持ち帰り、モンマルトルのアパルトマンから見える空を背景に撮影した作品です。生と死、ファッションと身体、個人のアイデンティティとコミュニティの歴史など、様々な文脈からの解釈が可能で、オノデラの多義的な制作の出発点となった記念碑的作品です。

 

世界各国の美術館に収蔵されている「古着のポートレート」ですが、本展では初出より四半世紀の節目に、全52作品のうちオノデラ自身が厳選した15点を一堂に展示し、そのタイムレスな価値を問い直します。瞬時に情報が消費されていくデジタル社会において、時を経ても色あせない物の存在価値を再確認する試みです。また、暗闇で2台のカメラを向かい合わせ、被写体である片方のカメラのフラッシュ光だけで撮影した「camera」(1997年)も合わせて展示します。

 

高低差のあるザ・ギンザスペースの空間的特徴を活かし、写真が生まれる瞬間とタイムレスな存在に昇華した瞬間を対比して見せる、空間構成も見どころの一つとなっています。ユミコチバアソシエイツ(新宿)では、オノデラの最新作を展示します。オノデラの出発点と、25年の時を経た現在とを同時にご覧いただける稀有な機会です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル