top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

桐山青年に寄り添う隅田川へ!『3月のライオン』ロケ地を歩く

goo映画

執筆:Avanti Press

ゆったりモードでロケ地を訪ね、町を散歩し、美味しいものを食べ、“旅”として楽しむ日本映画散歩。今回は神木隆之介主演作『3月のライオン』(2017)のロケ地、隅田川沿いへ。

『3月のライオン』ファン必見の情景は中央区新川に(撮影:Avanti Press)

『3月のライオン』の原作は、羽海野チカ原作のベストセラーコミック(白泉社刊。現在も「ヤングアニマル」で連載中)。最近、なにかと話題を集める将棋の世界を描く物語だ。主人公の桐山零(神木隆之介)は高校生棋士。家族を事故で亡くした零少年は、引き取られた先がプロの棋士の家だったことから、将棋の世界に傾倒していく。だが、将棋にのめり込んだ本当の理由は、面白さに惹かれてというより、自分の居場所を確保するため。その設定が、ほんわかしたタッチで、コミカルに描かれる本作に、闇を作り、将棋の勝負だけでない面白さをもたらしている。

羽海野チカ作品の面白さは、デフォルメされたキャラクターがもたらす突き抜けた笑いと、コマとコマの間に書き込まれる、リリカルな主人公の心の声だ。心の声はナレーションでなんとかなるとしても、デフォルメされたキャラをどう実写映画に落とし込むんだろうと思っていたら、映画は“父と息子”の物語に比重を置き、若干シリアスな作品になっていた。

それでも丹念に取材することで知られる羽海野チカ作品が提供したロケ地が放つ魅力は、映画にも変わらず継承されており、天気のいい日の隅田川沿いを散歩するのにぴったり。前置きが長くなったが、それでは『3月のライオン』散歩に出かけてみよう。

主人公・桐山零に寄り添う隅田川

まずは主人公、桐山零が住む隅田川沿いのマンションへ。原作では堀が隅田川に注ぎ込む場所に建っている設定だが、映画は異なり、駒形橋と厩橋の間でロケされている。都営地下鉄浅草線の蔵前駅で降りて、隅田川堤防内に作られた遊歩道「隅田川テラス」からの眺めを堪能。コミックも映画も作品を見る限り、部屋に入るとバーンと隅田川が目に飛び込んでくる間取り。孤独な桐山青年に寄り添うのは隅田川だけなのだと、理解させられる。

次に、都営地下鉄・蔵前駅から人形町駅で乗り換えて、東京メトロ日比谷線・八丁堀駅で下車。フランスのデザイン会社が設計したという美しいフォルムの中央大橋を目指して歩くと、再び隅田川沿いに出る。このあたりは川幅も広く、海の匂いが濃い。

中央大橋を渡る前に、右手を見ると「隅田川テラス」の端に「霊岸島水位観測所」(中央区新川2-32-1)が見える。現在は役目を終えているが、名前の通り、水位を観測する施設だ。しかし、『3月のライオン』ファンの皆様なら見ただけで鼓動が早くなるはず。

桐山零青年の気分でたたずみたい(撮影:Avanti Press)

なにかことが起こるたびに、桐山青年がたたずむ場所。それが「霊岸島水位観測所」なのだ。物語のなかでは桐山の部屋の近所という設定だがそこはご愛敬ということで。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル