「東京ディズニーリゾート」値上げのウラ

「東京ディズニーリゾート」値上げのウラ
東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、2016年4月1日から「東京ディズニーランド」、「東京ディズニーシー」の入場料の引き上げを発表しました。

1日入園券の「1デーパスポート」は、大人(18歳以上)が現行の6900円から7400円に、中人(中学・高校生、12~17歳)が同6000円から6400円に、小人(4~11歳)が同4500円から4800円になります。

 ちなみに、小学生2人+大人2名の4人家族が1日遊ぼうとすると、入園料だけで2万4400円、これに園内での飲食代や土産物代、そして自家用車で行くとしたら駐車場代が加算されます。おそらく、首都圏の家族であっても、トータルで5万円オーバーになるのではないかと予測されます。

 2015年4月にも入場料の引き上げがあっただけに、多くのファンやリピーターにとってのショックは想像に難くありません。実質、2年で1000円の値上げになり、他の娯楽施設の値上げ率と比較してみると、そのインパクトを実感できるでしょう。そのショックを和らげるためか、平日割り引きチケット「首都圏ウィークデーパスポート」が発表されました。

 リピーターやファンならずとも気になるのは、値上げについての理由です。運営会社は、アトラクションや施設などのハード面、キャストの確保と教育といったソフト面など、快適な環境づくりに向けた体験価値の向上のための投資のためと説明しています。

 値上げされたとはいえ、テーマパークとしての規模としてはかなり大きい米国のディズニーリゾートが日本円にして1万円を超える入場料と比較すると、まだリーズナブルといえなくもありません。そのせいか、インバウンドを含めて来場者数は年々増加傾向にあるようです。連休や休みが重なると8時開園から10分で入場制限というケースもあるようです。

 テーマパークは規模が決まっているため、アトラクションや施設などを快適に楽しめる来場者数、そして収益は限定されます。現状の規模感では、ディズニーランドで7万人、ディズニーシーでは5万人ともいわれており、増収増益の鍵は、平日をふくめての来場者数を分散しながら、体験価値を高めるための施策にあると理解するのがよさそうです。

 運営会社的には、値上げによって来訪者数が減ったとしても、値上げ分で減益をカバー、来訪者の平日分散を狙いつつ、体験価値を平均的に高め、収容施設の拡張の時間を稼ぎ、トータルに来訪者数を延ばして、中長期的に増収増益を見込む目論みです。

 今後は、大阪ユニバーサルスタジオのエクスプレスパスのように、お金を払えば混雑を避けてアトラクションを楽しめるチケット設定など、施設運営会社が、快適に過ごすためには高価格でもOKなユーザーと、そうではないファンを切り分けた経営戦略が明確になってくるのではないでしょうか。

 支払う金額が同じであるなら、混雑した環境で4回の来訪より、快適な環境で2回の来訪か。そんな事情に来訪をやめるかを含めて、一般ユーザーの動向が気になるところです。

(更新日:2016年4月4日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(おでかけ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME