天海祐希、人気急上昇コンビ・霜降り明星のネタに「はぁ…」とため息
天海祐希、人気急上昇コンビ・霜降り明星のネタに「はぁ…」とため息
マーベル・スタジオの人気キャラクターが集結した映画『アベンジャーズ』の一員として知られる、マイティ・ソーの活躍を描くシリーズ『マイティ・ソー バトルロイヤル』。本作の公開を記念しTOHOシネマズ梅田(大阪市)で舞台挨拶が行われ、ソーの前に立ちはだかる死の女神・ヘラの日本語吹替を担当した天海祐希が登壇した。
ヘラを演じているのは、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『シンデレラ』などヒット作に多数出演するアカデミー賞女優、ケイト・ブランシェット。ワールドプレミアに足を運んで実際にケイト・ブランシェットと対面したという天海は、「信じられないくらい美しくて、目ヂカラに吸い込まれてしまいそうだった」と美貌に惚れぼれとしたそうだ。

また、お気に入りのキャラクターについて、ソーとともに戦う守護神・ヘイムダルの名を挙げ、「(登場する男性キャラクターは)みんないい男で素敵。でも、ヘイムダルは特に、後ろから守っていますという感じがかっこ良かった」とときめかせた。

またこの日のイベントには、第38回ABCお笑いグランプリで優勝したお笑いコンビ・霜降り明星も登場。4年前にお笑い番組で天海の前でネタを披露した際、「今後に期待します」と微妙な判定を下されたそうだが、劇中ではソーがヘラに故郷を奪われ、復讐のために仲間と「リベンジャーズ」を結成するということで、霜降り明星もネタのリベンジに挑戦。

ところが、せいやが誰も知らない桑田佳祐の歌やアホの坂田のネタのモノマネを披露して、微妙な空気に。最後、相方・粗品のことを「スプーンに映った小栗旬みたいな顔」と指摘して、かろうじて笑いが起こった。

天海祐希は、「はぁ…」とため息をつきながらも、「ブレイクシソー」と書かれた札を上げて好評価。
「(当時よりも)あか抜けている。テレビに出始めると変わる。私も負けずにがんばります」と太鼓判を押した。

そして最後に、天海は「ほろっとできる、わくわくできる、スカッとできる!」と作品についても絶賛した。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国公開
(更新日:2017年11月8日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME