【インタビュー】『おじいちゃん、死んじゃったって。』岸井ゆきの「森ガキ組でなければ、こんなに変われなかった」
【インタビュー】『おじいちゃん、死んじゃったって。』岸井ゆきの「森ガキ組でなければ、こんなに変われなかった」
祖父の葬式のため、久しぶりに集まった家族の本音がぶつかり合う姿をユーモアたっぷりにつづった『おじいちゃん、死んじゃったって。』が、11月4日から全国公開された。岩松了、光石研、水野美紀といった実力派…

 祖父の葬式のため、久しぶりに集まった家族の本音がぶつかり合う姿をユーモアたっぷりにつづった『おじいちゃん、死んじゃったって。』が、11月4日から全国公開された。岩松了、光石研、水野美紀といった実力派の俳優がそろう中、主人公・春野吉子を演じたのは、大河ドラマ「真田丸」(16)、「99.9-刑事専門弁護士-」(16)などで注目を集めた若手女優・岸井ゆきの。これが映画初主演となる岸井だが、その裏では大きな葛藤と成長を経験していた。

 

-映画初主演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか。

 まだまだドラマも映画もそんなに出ているわけでもなくて、経験値が全然足りていないような気がして、「背負えるんだろうか」というのが正直な気持ちでした。台本を読んでも、この作品に私が主人公でいることがなかなか想像できず、不安がとても大きくて。


  -どうやって気持ちを切り替えたのですか。

 結局、やるしかないなって。腹をくくったというか。森ガキ組に入る前は、現場でコミュニケーションを取ることも少し苦手で。森ガキ(侑大)監督とも撮影に入る前に何度か役について話をする機会を頂いたのですが、何か質問されても「そうですね…」という感じの素っ気ない態度を取ってしまったり…。本当に申し訳なかったです(笑)。


  -いつも明るく演じている岸井さんの姿を見ていると、意外に感じます。

 よく言われます(笑)。その頃は、群れないことがカッコいい、なんて思っていたところもあったんですよね。だけど、せっかく頂いた初めての主演というところでもあるし、自分が変わるいい機会なのかもしれないと思って。それまで閉ざしていた自分の心を、無理やりにでも開いてみようと覚悟を決めて現場に行ったんです。


  -その結果は?

 無理やりこじ開けなくても、開けられる空気を森ガキ組の皆さんが作ってくれていました。私が主役であることには変わりないけど、みんなで一つの作品を作るんだという空気があったので、背負うものが軽くなりました。おかげで、自分のできることを一生懸命やるという方向にシフトすることができました。

(更新日:2017年11月9日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME