まばゆい輝きを放つ純金のハンドスピナーが発売―その価格なんと400万円!
まばゆい輝きを放つ純金のハンドスピナーが発売―その価格なんと400万円!
ジムノペティは、同社が運営する国内ハンドスピナーブランド「SPIN MANIA」から純金製の『Spin GOD』の販売を開始したと発表しました。参考価格は重量500G(グラム)で400万円。300Gから注文を承るとのことです。

まばゆい輝きを放つ純金のハンドスピナーが発売―その価格なんと400万円!

ジムノペティは、同社が運営する国内ハンドスピナーブランド「SPIN MANIA」から純金製の『Spin GOD』の販売を開始したと発表しました。参考価格は重量500G(グラム)で400万円。300Gから注文を承るとのことです。

以下、リリースより引用

■2017年、世界中が熱狂 異業種参入も相次ぐおもちゃ“ハンドスピナー”
ハンドスピナーとは、手裏剣のような形状の本体の中心部を指でつまみ、羽根の部分を弾いて回転させて遊ぶ、アメリカ発祥の玩具です。口コミで広がった「重症筋無力症・ADHD・ダウン症などの症状にストレス軽減や集中力向上など精神的な効果が見込める」という情報については根拠が確認されていないにもかかわらず、6月に開催された「東京おもちゃショー2017」ではハンドスピナー目当ての行列ができ、さらに玩具メーカーはもちろん異業種からも製造販売の参入が相次ぐほど人気となっています。

■町工場と協力しハンドスピナーの国内生産を実現
ハンドスピナーは日本でも認知度・人気を拡大したものの、お祭りの景品やゲームセンターのUFOキャッチャーなど、安価で粗悪品を手にする機会が多くありました。そこで当社ではハンドスピナーブランド「SPIN MANIA」を立ち上げ、良質なモノをより良い状態で味わってほしいという思いから、日本のモノづくりを牽引してきた町工場と協力しハンドスピナーの国内生産を実現しました。

9月に東京ビッグサイトにて行われた「第84回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2017」では、【公式】日本ハンドスピナークラブと協力して商品の限定公開を実施。会場での反響を経て、今回一般発売となりました。

■純金24K製 世界で最も高価なハンドスピナーが誕生
「SPIN MANIA」が第1弾として販売開始したのは、持ち手の部分以外はすべて純金24Kでできた『Spin GOD』。インゴット(金の延べ棒)の造形をしているため、手に取るまでハンドスピナーだとはわからないような仕上がりです。

日本製のベアリングと持ち手を、国内で寸分の狂いのないよう設計し精巧に組み立てられております。回転時間は5分超。「金」という素材のもつ重厚感と、非常に滑らかな回転は、他のハンドスピナーとは一線を画す大きな快感を演出します。

■『Spin GOD』商品概要
300Gからご注文可能で、重量によってサイズや価格が異なります。

また、『Spin GOD』にて得た収益の3%は重症筋無力症の支援団体に寄付いたします(寄付金の詳細は購入者へ共有いたします)。

<注文方法>
ウェブストアから
https://spinmania.buyshop.jp/

ホームページより、お電話やメールでの問い合わせもお受けしております。
https://www.spinmania.co/


<参考>
重量 :500G
サイズ:90mm×32mm
価格 :¥4,000,000(税別)

現代の社会情勢の追い風で金の価値は高騰傾向にあり、価値は2017年10月現在で1g5,000円を超えています。投資用や資産としての購入も想定しています。
(更新日:2017年11月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(ゲーム)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME