top_line

【インタビュー】「漫画みたいにいかない。」山本舞香「女優人生で一番好きな作品になりました!」初挑戦のコメディーでトラウマも克服

もっとエンタメ

 「三井のリハウス」CMの第14代目リハウスガールに起用されて芸能界入り。以後はモデルとして人気を集め、2011年からは女優としても活躍する山本舞香が、動画配信サービスHuluが配信するドラマ「漫画みたいにいかない。」でコメディーに初挑戦した。「女優人生で一番好きな作品」と手放しで喜ぶ山本が、その理由や撮影時のエピソード、目指す女優像などを語った。

 お笑いトリオ東京03(角田晃広、飯塚悟志、豊本明長)、三代目JSBの山下健二郎、女優の山本というジャンルを超えた異色の3組が共演する本作は、時代遅れの売れない漫画家(角田)とその周りの人々の“漫画みたいにいかない日常”をシニカルな笑いと哀愁を交えて描いたシチュエーションコメディーだ。

-コメディーの経験はなかったそうですが、今回、挑戦しようと思ったのはなぜでしょうか。

 コメディー独特の間(ま)が難しいし、面白いと思われなかったらどうしようと考えると、怖くて避けてきましたが、このメンバーと一緒にお芝居ができるというのは光栄なことなので、苦手だけど挑戦したいという気持ちが生まれました。

-芸人と一緒だと笑いのハードルが高くなると思いますが。

 そうなんです。最初は私も山下さんも不安がありました。でも、私たちがミスをしても東京03の方々が拾って面白く返してくれるので滑ったことにならないし、途中からは自分たちでも、どういうことが面白いんだろうと考えられるようになったので、今はこのメンバーで良かったと思います。

-アドリブが多そうですが、苦労したことはありますか。

 私とのやり取りでは、角田さんは台本通りにやってくれましたが、飯塚さんはアドリブが多くて、自分がどこでせりふを言えばいいのか分からなくなってすごく困りました。でも、「もう少しこうした方がいいんじゃない?」とか、とてもフランクにアドバイスをしてくださることもあったので助かりました。

-漫画家の娘のるみ役は、男にだらしない、夜遊び好きという設定ですが、演じてみていかがでしたか。



TOPICS

ランキング

ジャンル