top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

熊切あさ美に麻美ゆま「追悼・志村けんさん」最近はTikTokを…

SmartFLASH

 

 志村けんさん(享年70)が逝ってから、7月7日で100日。あらためて、「喜劇王」の偉大さに感じ入っている人は多い。6人の著名人が、志村さんとの思い出を述懐する。

 

 

広告の後にも続きます

●せんだみつお(72・コメディアン)
「最初に会ったのは、対談でした。志村さんが『東村山音頭』で、バーンと世の中に出たときです。僕は『うわさのチャンネル』(日本テレビ系)、彼は『全員集合』(TBS系)で、互いに番組内の “末っ子ポジション” というのが似ていて。
 彼はすごい勉強家で、昔の喜劇人の話とか、『仕事でこういうことがやりたいんだ!』という話をたくさん聞かせてくれて、やっぱりお笑いに対する造詣が深かった。僕より、ずっとポリシーを持っていました」

 

 

●貴闘力(52・元関脇)
「若いころ、中山ヒデ(秀征)ちゃんと仲よくしていて、志村さんとも、彼の紹介でした。
 俺が引退するとき、『俺ら芸人は、70~80歳までダラダラとやらなければいけないけども、貴関は親方の人生もあるし、2回も3回も人生をやることができるんだから、いいじゃないか』と言ってくれましたね。
『第二の人生があるんだから、頑張り』といった話は何度もしてくれた。だから、これまでやってこれたし、ありがたいです」

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル