スギ花粉症のひとは「トマト」に注意!?

スギ花粉症のひとは「トマト」に注意!?
この季節、私たちを悩ませる花粉症。憂鬱な気持ちで過ごしている人も多いのではないでしょうか。花粉症を引き起こす元となる物質・アレルゲンは、スギが有名ですが、実際には多くの花粉に含まれています。

 比較的知られているものでは、ヒノキ、シラカンバ、ハンノキ、オオバヤシャブシ、ケヤキ、コナラ、クヌギ、また草本類の花粉では、カモガヤ、オオアワガエリなどのイネ科、ブタクサ、オオブタクサ、ヨモギなどなどのキク科、カナムグラなどのアサ科などが挙げられます。

●花粉症は果物や野菜のアレルギーと関係がある

 さて、花粉症に苦しんでいる人は少なくありませんが、最近になって、花粉症と果物や野菜によるアレルギーの関係がわかってきました。

 ある果物や野菜を食べたときに、口にかゆみが出たり、喉が腫れたりすることがあります。これは口腔アレルギー症候群(OAS=Oral Allergy Syndorom)と呼ばれるものです。OASは、果物や野菜アレルゲンが、粘膜に触れて起こるアレルギー反応。このアレルゲンは、植物が病原菌やストレスから身を守るために生成するタンパク質です。

 本来は花粉症とOASは別のアレルギーですが、OASのアレルゲンと花粉のアレルゲンは構造が似ているので、お互いが反応することがあるのです。これを「交差反応」と言います。この交差反応により、花粉症の人が果物や野菜を食べると、極めて短時間でOASを発症することがあります。

 症状としては、接触した唇や舌、のどが腫れ、ときに吐き気や腹痛、下痢といった症状が現れることもあります。さらにじんましんが出たり、鼻や目にも花粉症と同じような症状が現れ、重篤な場合には喘息発作やアナフィラキシーショック(症状が短時間に全身に現れるのが特徴のアレルギー反応)を引き起こし、呼吸困難、ショック状態におちいることもあるので、注意が必要です。


●アレルギーの人が注意すべき果物、野菜

 では、どんな食べ物に気をつければいいのでしょうか。下に一部ですが、アレルギー別に注意すべき果物、野菜を示しておきます。もちろん人により程度の差はありますので、絶対に食べてはいけないということではありませんが、知っておくことは大切です。

◇スギ・ヒノキ花粉アレルギーの人が気をつける果物・野菜
 トマト等

◇ハンノキ・シラカンバ花粉アレルギーの人が気をつける果物・野菜
 りんご、もも、さくらんぼ等

◇イネ科(カモガヤ・オオアワガエリ)花粉アレルギーの人が気をつける果物・野菜
 メロン、スイカ、オレンジ、トマト、セロリ、ジャガイモ、キウイ、オレンジ等

◇キク科・ブタクサ花粉アレルギーの人が気をつける果物・野菜
 スイカ、メロン、ズッキーニ・キュウリ、バナナ等

◇キク科・ヨモギ花粉アレルギーの人が気をつける果物・野菜
 ニンジン、セロリ等

 なお、これらの果物や野菜は加熱することで、アレルギー反応を起こしにくくなることもあります。気になる方は、一度アレルギー検査を受けるといいでしょう。

<<参考サイト>
・クラチエ:海外に花粉症はない? 日本の花粉の歴史と原因
https://krachie.ameba.jp/health/disease/hay_fever/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87.html ・「サーモフィッシャーダイアグノスティックス株式会社(旧ファディア株式会社)」:OAS口腔アレルギー症候群、関連する花粉の植生と食物
http://www.phadia.com/ja/5/10/OAS/
・CRCグループ・腔アレルギー症候群(OAS)の検査は何をしますか?
http://www.crc-group.co.jp/crc/q_and_a/133.html
・花粉ナビ
http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/oas.html

(更新日:2016年4月1日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(ヘルスケア)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME