top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【日本S第5戦展望】鷹打線を封じるサウスポー

週刊ベースボールONLINE


CSファイナル第5戦では初回KOの屈辱を味わった石田。日本シリーズの舞台で雪辱を誓う

 追い込まれたDeNAがようやく日本シリーズで1勝を挙げた。「19年待ちわびたベイスターズの勝利だ」。試合後のインタビューでラミレス監督は、横浜スタジアムのファンに呼びかけた。

 ルーキー・浜口遥大が8回1死までノーヒット・ノーランの好投を演じ、5回の宮崎敏郎の先制弾を皮切りに打線がつながった。不振にあえいでいた一番・桑原将志も2安打とチームを勢いづかせた。

「桑原はもうすぐ打ち始める」「初回にソフトバンクに点を取られないこと。我々が先制点を奪うこと」と試合前、指揮官が語っていたポイントが実現し、勝利につながった。

 この1勝がシリーズの流れを変えるのか──。現時点では、3勝1敗で日本一に王手をかけているソフトバンクが絶対的に有利だが、負けが許されないDeNAは何とか踏みとどまり、流れを引き寄せたいところだ。

 前向きな要素もある。第5戦の先発は左腕・石田健大が予想されるが、ソフトバンク打線がサウスポーに苦戦しているのだ。第4戦は浜口に対して8回途中2安打無得点、第2戦では今永昇太の前に6回5安打1得点と打てていない。振り返れば、楽天とのCSファイナルステージでも塩見貴洋と辛島航を打ちあぐね連敗している。

 浜口に無失点に抑えられ黒星を喫した試合後、工藤公康監督は「CSでもそうだったけど、緩急についていくのに時間がかかった」とサウスポーの対応の難しさを語っている。

 第5戦の先発予想される石田はチェンジアップを決め球にするが、タイプ的には今永に近く、ボールのキレで勝負する。「左腕・石田」対「ソフトバンク打線」が第5戦の見どころの一つになる。

文=滝川和臣 写真=小山真司

TOPICS

ランキング

ジャンル