top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

泉谷しげる「役者になったキッカケ」は向田邦子の『お前やれ』発言

SmartFLASH

 

 シンガーソングライターの泉谷しげるが、10月6日放送の『ピーター&ミッツの煮るなり焼くなり』(BSジャパン)に出演。フォークシンガーとして活動していた泉谷が俳優業へと進出するきっかけについて語った。

 

「当時フォーク界から “暗黙の総スカン” をされて、全然売れなくなっちゃった。(昔やってた)漫画家にでも戻ろうとしたところ、役者のオファーがあった」

 

広告の後にも続きます

 オファーされた作品は、1979年のテレビドラマ『戦後最大の誘拐・吉展ちゃん事件』(テレビ朝日系)。もちろん誘拐犯・小原保役だ。このドラマは犯人を主役にしたもので、名だたる俳優たちが役を嫌がったため、泉谷に回ってきたのだという。

 

「登場人物もぜんぶ実名。しかも『実際に事件があった現場でやれ』ってめちゃくちゃなのよ。そりゃやらねえわな、普通」

 

 そんななか、プロデューサーに頼まれて脚本家の向田邦子と会うことに。泉谷はそのときのことをこう振り返る。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル