top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

恋人探して600キロ。全米を旅する熊のブルーノの物語(アメリカ)

カラパイア

恋人を探して旅する熊
恋人を探して旅する熊 image credit:Illinois Department of Natural Resources/Facebook

 恋人が欲しい。人間なら出会い系に登録したり合コンに行ったり、友人に紹介してもらったりと、様々な手段があるが、熊の場合はどうだろう?

 ひたすらに歩き回って探し続けるしかないようだ。アメリカに住むオスのアメリカグマは、恋人を探し求めて州から州へとさすらいの旅を続けているそうだ。

 SNSで話題となったこの熊は「ブルーノ」と名付けられ、その恋の行方を応援しながら見守る人が続出中だ。

 Facebookには、ブルーノの旅をそっと見守りたいメンバーたちが『Keeping Bruno Safe』というアカウントを作成し、日々移動を続けるブルーノを追跡している。『USA TODAY』などが伝えた。

伴侶求め640km以上も旅しているブルーノ


 アメリカグマのブルーノは、6月10日にウィスコンシン州からイリノイ州へ渡り、その後アイオワ州に入った。

Paws Off: IDNR Reminding Locals to Leave Black Bear AloneThe message from Illinois Department of Natural Resources…

Posted by Illinois Department of Natural Resources on Tuesday, 23 June 2020

 そして、最近ミズーリ州で目撃情報が相次いでいる。

 イリノイ州天然資源省(以下IDNR)によると、ブルーノは既に400マイル(約640km)以上も旅を続けているという。


 なぜ、ブルーノが広域にわたり移動を続けているのか。ミズーリ州自然保護省のナチュラリスト、アンジェラ・ピアースさんは次のように話している。

ブルーノは、故郷と呼べる場所を探している可能性があります。オザーク山脈、マーク・トウェイン国有林などの地域は、クマの生息地として優れていますから、そこで良き伴侶を見つけたいと思っているのかもしれません。


イリノイ州ではクマの出現に住民ら興奮


 IDNRは、6月18日にブルーノがロックアイランド郡南部に入ったことを確認している。

 同州パイク郡保安官局とIDNRは、渋滞を一時調整し、ブルーノが混雑した道路や州間高速道路を横断するのを手助けしたという。


 6月21日には、イリノイ州北西部ヘンダーソン郡に300人を超える人々が集まり、ブルーノを観察した。

 しかし、これにおいては同州保全警察が注意喚起を促している。クマへの圧力が高まってしまうと、住民らが危害を加えられる可能性もあるからだ。

 ブルーノがどこに移動しても、守るべきはブルーノと人間の両方の安全だ。そのため、IDNRは「決してクマに近付き過ぎないように」と住民に警告し、専門家も「野生生物は、人の周りにいることを嫌うので、最善策としてはクマと距離を置き、脱出ルートを与えることが重要」と述べている。


Facebookアカウントにはブルーノの目撃情報が次々とシェア


 ブルーノは、いったいどこを目指しているのだろうか。6月30日には、ミシシッピ川を渡っている姿が捉えられ、Facebookでシェアされた。


 Keeping Bruno Safeのプライベートアカウントには、ブルーノが民家の庭に入ったり、

bear1_e
image credit:Keeping Bruno Safe/Facebook

時に道路を、時に草原を歩いたりしている姿がシェアされている。

 IDNRと地元警察は、住民らの目撃情報などを基に協力し合ってモニタリング中であり、今も移動を続けているブルーノが安全に旅できるよう今後もサポートしていく予定だという。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル