top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』大林宣彦監督が遺作に託した故郷と映画への想い

goo映画

執筆:平辻哲也

“人生はチョコレート箱のようなもの。開けてみるまで中身はわからない――。”これは、映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)の名セリフだが、82歳で亡くなった大林宣彦監督の遺作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』(7月31日公開)は題名通り、きらめく宝石が詰まった作品だ。しかも、予想もつかない奇想天外な物語なのだ。

監督、故郷・尾道から宇宙へ

閉館する映画館に集う人々の姿と、幕末から原爆投下まで綿々と続く戦争の歴史を紐解く約3時間の大映像詩。その主人公3人(厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦)は、映画館のさよなら興行を観ているうちに、目の前の戦争映画の世界の中に入り込み、不思議な体験をしていく……。

主人公の広島3人男(左から細田善彦、厚木拓郎、細山田隆人) 『海辺の映画館-キネマの玉手箱』7月31日(金)公開 (C)2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

冒頭は監督の故郷、広島・尾道の上空。宇宙船に乗った爺・ファンタ(高橋幸宏)はいわば、監督の分身。それが宇宙に飛び出し、物語の幕が上がる。それを聞いただけでも、「一体、どんな映画なの?」と思うだろう。

広告の後にも続きます

爺・ファンタ(高橋幸宏)と鯉 『海辺の映画館-キネマの玉手箱』7月31日(金)公開 (C)2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

この3時間にわたる一大映像詩を包み込んでいるのはエンターテインメント精神だ。監督の根底には「映画とはフィロソフィである」という考えがある。「映画は基本的にエンターテインメントですが、難しいフィロソフィを分かりやすく伝え、風化させないためにそうしている」。そして、この堅苦しそうな哲学と楽しいエンターテインメントを見事にミックスさせているのが大林映画である。

メイン舞台「シネマ尾道」への想い

長年のファンには、『あの、夏の日〜とんでろ じいちゃん〜』(1999)以来、約20年ぶりの尾道ロケというのもうれしい。大林映画でおなじみのフェリー乗り場も出てくる。 メイン舞台は、尾道の海沿いにある映画館。駅前には、市内唯一の「シネマ尾道(尾道市東御所町6-2)」という実際の映画館はあるが、それを閉めるという設定にするというのはしのびなかったのか、架空という設定。

海辺の映画館は架空の設定 『海辺の映画館-キネマの玉手箱』7月31日(金)公開 (C)2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

チケット窓口もある昔ながらの映画館だ。大林監督の少年時代、市内にはたくさんの映画館があったそうだから、これは心の中の風景なのだろう。

キャストを驚かせた仕掛け

主人公たちが入り込んでいく戦争映画の世界は、冒険譚でもある。幕末の白虎隊、中国戦線、沖縄戦……。映画の観客たちであった主人公がその世界に入り込むことによって、戦争自体が他人事ではなくなるという趣向。だから、それを観ている我々も、主人公と同じ目線を持つことができる。

『海辺の映画館-キネマの玉手箱』7月31日(金)公開 (C)2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル